日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

薔薇いくたびか
バライクタビカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年04月24日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
135分  

小山いと子の原作を「次男坊判官」の衣笠貞之助と相良準が共同で脚色し、「川のある下町の話」の衣笠貞之助が監督にあたる。撮影は「火の驀走」の渡辺公夫。出演者は「月に飛ぶ雁」の若尾文子、「暁の合唱(1955)」の根上淳、「お嬢さん先生」の南田洋子、「麝香屋敷」の長谷川一夫、「楊貴妃」の京マチ子、「火の驀走」の山本富士子、「幸福を配達する娘」の菅原謙二、船越英二のほかに市川雷蔵、勝新太郎、林成年、村田知英子、市川和子、矢島ひろ子、三益愛子などのオールスター出演である。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
土井逸雄
原作
小山いと子
脚本
衣笠貞之助相良準
監督
衣笠貞之助
撮影
渡辺公夫
音楽
斎藤一郎
美術
柴田篤二
照明
柴田恒吉
録音
西井憲一

ストーリー

松島真一郎は芸大の音楽部を受験する妹光子の送り迎えをするうちに、妹と受験番号を互に呼び合う美しい女性を知った。光子は合格したが、その一一七番の女性は落ち二度と顔を見せなかった。その女性桐生弓子は東京に近い農村に育ち、野々宮幸子に師事してピアノを習っていた。数日間の知り合いとは云え、真一郎の面影は鮮明に弓子の胸に焼ついた。同じ村の財産家市岡鶴夫に望まれ弓子は嫁ぐこととなったが、結婚の約束だけで嫁に行き先方の気に入らねば追い返される風習「あし入れ」をしなければならないのである。弓子は上京し友人沢田道代と共に芸大へ光子を訪ねたが、彼女の授業は休講で逢えず、また名を知る術もなかった。一方真一郎にも舞踊家山村御風の妹富子との縁談があり、御風は妹のことを真一郎に頼むと弟子素風を連れて欧洲へ旅立った。真一郎は弓子が忘れられず彼を愛している富子は悲しんだ。真一郎の親友芹沢五郎は真一郎の恋を知ると、全てを忘れる為に東南アジアへ出張するようにすゝめた。出発前、真一郎は新聞に一一七番の行方を訪ねる広告を出したが、その為に弓子は結婚二日で追い返されねばならなくなった。初めて全てを知った母よし江は、弓子に心からわびた。そして時はたち、真一郎と弓子はついに結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。