日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おえんさん
オエンサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年06月07日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Mother and Son  
上映時間
99分  

新派で上演された原作から「君死に給うことなかれ」の西島大が脚本を書き、「ゴジラ(1954)」の本多猪四郎が監督にあたり、「雪の炎」の飯村正が撮影する。主なる出演者は「明日の幸福」の水谷八重子、「雪の炎」の司葉子、「ゴジラの逆襲」の小泉博、「男ありて」の清水将夫、「制服の乙女たち」の藤原釜足など。

スタッフ

製作
田中友幸
原作
中野実
脚本
西島大
監督
本多猪四郎
撮影
飯村正
音楽
斎藤一郎
美術
北辰雄
照明
横井総一
録音
藤好昌生

ストーリー

魚河岸の市場で、男ばかりの仲買人にまじって、おえんは威勢よく働いていた。愛情のない結婚だったが、早く夫に死なれたあと、一人息子広志の成長を楽しみに二十年間、男の世界で生活を支えた。広志は河岸の天ぷら食堂の珠子と恋仲になり、おえんは二人の仲を認めたものの、いざ結婚となると息子を奪われるような気がして、はっきり承知できなかった。その頃ブラジルで成功した谷が観光団長として帰国し、おえんの姉光江に会った。谷は三十年前おえんと恋仲だったが、今の広志と同様、母親の反対で結婚できなかったのである。四年前に妻を失った谷は、できればおえんと再婚したい気持だが、おえんは息子の事で一杯だった。珠子の姉は腹を立てて妹を安夫と結婚させようとする。谷ほおえんのために用意した五十万円を養老院に寄附してブラジルへ帰った。広志は酒の上から安夫たちと喧嘩して負傷し、珠子は一心に介抱した。これを見たおえんは心が溶け、はじめて二人の結婚を許す気持になった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。