日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新婚白書
シンコンハクショ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年06月01日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

新聞連載の小説を新人斎藤宗一が脚色、「ママ横をむいてて」の堀内真直が監督、「この世の花」の西川亨が撮影にあたる。主なる出演者は「この世の花」の川喜多雄二、「六人の暗殺者」の宮城野由美子(松竹入社第一回)、「女人の館」の尾棹一浩改め野村浩三、「僕は横丁の人気者 二部作」の井川邦子のほか日守新一、清川虹子、新人清川新吾などで、ミス銀座の銀令子もデビューする。

スタッフ

製作
山口松三郎
原作
中野実
脚色
斎藤宗一
監督
堀内真直
撮影
西川亨
音楽
木下忠司
美術
逆井清一郎
照明
高下享三
録音
妹尾芳三郎

ストーリー

写真家森口司郎は日本舞踊の師匠恵美と結婚したが、一間きりの愛の巣に彼女の母親おまさが同泊することになって大弱り。惠美の実家は料亭だが、父の精吉は競馬狂で、息子の精一郎は学校で落第ばかりしている。母は息子のことで主人と喧嘩して家出したのだが、惠美のケチぶりに閉口して家へ帰ってしまう。精一郎は呉服屋の娘春子と恋仲である。ところが春子には番頭との縁談が持上っている。ある日、森口の働く事務所に贔屓客の東陽子が訪れみなし子を引取って育てているから、時々身代りのパパになってくれと頼む。陽子の亡夫の弟斎藤は東興行の女社長である彼女を、色と欲との二筋から狙っていた。渋谷の花柳街で森口は親友の菱川から、歌のうまい芸者百合江を紹介された。子供のため芸者を止めたがっている百合江を、森口は東興行の歌手に推せんした。ところが惠美は夫が芸者と酒を飲んだのを怒り、実家へ帰り離婚を申し出た。森口はそれを無視したか、惠美はヤケになって半沢と芝居見物に行き、劇場で陽子と一緒にいる森口を見てなお立腹する。そこへ精一郎が春子と熱海へ家出した知らせがあり、一同は驚いてかけつけた。そこで斎藤が百合江をすてた男だと分る。斎藤も悔悟して妻子を引きとり、精一郎と春子の結婚も許され、惠美の誤解もとけた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。