日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

奥様多忙
オクサマタボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年05月18日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Every Wife Cannot Stand Still  
上映時間
89分  

「この世の花」と同じく棚田、舟橋のチームが脚色、監督と音楽も同じく穂積利昌と万城目正の担当。撮影は「妙法院勘八」の竹野治夫が受けもった。出演者は「僕は横丁の人気者 二部作」の大坂志郎、「この世の花」の水原真知子、「風雲日月双紙」の七浦弘子、「ママ横をむいてて」の田浦正巳、「猿飛佐助」の有島一郎、「のんき裁判」の清川虹子など。

スタッフ

製作
市川哲夫
原作
源氏鶏太
脚色
棚田吾郎舟橋和郎
監督
穂積利昌
撮影
竹野治夫
音楽
万城目正
美術
川村芳久
照明
仙波正巳
録音
川北武夫

ストーリー

永楽商事社員桜井は妻直子と子供の三人暮しだが、直子の妹でアプレ娘の悠子が親の勧める縁談を嫌って家出して来た。近所の会社員山田は、ある夜バーのマダムに送られて遅く帰って来たため、激しい夫婦喧嘩が始まる。これがもとで直子を初め近所の主婦たちは、山田夫人を会長に主婦連盟を結成して亭主に対抗する。亭主らも負けてはならじと山田を会長に亭主連盟を作った。悠子にフラれた縁談の相手丸田が上京し、彼女の跡を迫いまわす。所が丸田は永楽商事の社長市村の親戚であることが分り、桜井は社長から頼まれて二人の仲を取りもとうとするが、悠子は桜井の弟次郎の紹介で安倍の経営する会社の事務員になり、丸田を振りむきもしない。山田の夫婦喧嘩は頂点に達し、ついに別居騒ぎとなった。悠子は次郎を愛していたか、彼がダンサー照代と親しいのを見て嫉妬する。そのころ主婦連盟と亭主連盟は和解して夫婦連盟を作り、山田夫妻もついに仲直りした。しかし悠子は照代が次郎の友人の妻で、病床にある夫を養っているのを知らず嫉妬からついに丸田と見合をする。勇を決した次郎はその席にのりこんで悠子をつれ出した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。