日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

川のある下町の話
カワノアルシタマチノハナシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月09日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
108分  

『婦人画報』連載の川端康成の原作を、「鉄火奉行」の衣笠貞之助が脚色、監督した。撮影は「荒城の月(1954)」の渡辺公夫、音楽は「馬賊芸者」の斎藤一郎が、それぞれ担当する。出演者は「荒城の月(1954)」の根上淳、「結婚期」の有馬稲子、「新しき天」の山本富士子、見明凡太朗、新人川上康子をはじめ、田口顕二、細川ちか子、町田博子、長谷部健、多々良純などである。

スタッフ

製作
藤井朝太
企画
土井逸雄
原作
川端康成
脚本
衣笠貞之助
監督
衣笠貞之助
撮影
渡辺公夫
音楽
斎藤一郎
美術
柴田篤二
照明
久保田行一
録音
西井憲一

ストーリー

川のある下町の一角にあるS大附属病院のインターン栗田義三は、川に落ちた和男という子供を救ったのが縁で、その姉のふさ子を知った。両親の亡いふさ子はパチンコ屋で働く貧しい娘だがいつか義三との間に強い愛情が生れていった。義三の伯父千葉泰介は、この町に病院を建て、ゆくゆくは義三を娘桃子の婿にしようと考えていた。和男は風邪から肺炎になり、義三の手当も空しく死んだが、丁度その頃、病院建築のためふさ子の住むバラックはとりこわされた。パチンコ屋に住み込んだふさ子は、店主の息子洋一にいい寄られて居たたまれず、義三の下宿を訪れた。義三は同僚の民子に、ふさ子の宿を頼んだが、彼を秘かに愛していた民子はこれを拒んだ。ふさ子は義三の下宿で楽しい二日を過したが、彼の留守中に桃子が訪ねて来て、身の潔白を疑われた。打ちひしがれたふさ子は書置して去った。義三はふさ子の行方を探しながら、一番不幸な人達の医者になろうと決心し、貧しい者達の施療に励んだ。つてを求めて福生の町でダンサーとなったふさ子は、打ち続く不幸やキャバレー勤めの辛さに神経がそこなわれていった。ふさ子はキャバレーを逃げ出して、もとの町に辿りつき昏倒した。S大病院で、ふさ子は義三に脈を見られても顔も分らなかった。民子も桃子も、ふさ子に対する義三の強い決意に心うたれた。今は周囲の温い理解のうちに、ふさ子は全快の日を待つばかりである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。