日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

伊太郎獅子
イタロウジシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月03日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

『明星』連載の子母沢寛の小説から「一本刀土俵入(1954)」の犬塚稔が脚色し、「花の白虎隊」の田坂勝彦が監督し、「銭形平次捕物控 幽霊大名」の牧田行正が撮影する。「近松物語」の長谷川一夫が主演し、「明治一代女」の木暮実千代、「新しき天」の山本富士子、「丹下左膳 こけ猿の壷」の三田登喜子と坂東好太郎及び柳永二郎のほか香川良介、杉山昌三九、澤村國太郎などが助演する。

スタッフ

製作
酒井筬
企画
辻久一
原作
子母沢寛
脚色
犬塚稔
監督
田坂勝彦
撮影
牧田行正
音楽
渡辺浦人
美術
上里義三
照明
加藤庄之丞
録音
大角正夫

ストーリー

直参清塚伊太郎は叔父頼母の推挙で普請方改めの役についたが、役付披露の宴で上役の戸樫以下が、伊太郎が賄賂を出さなかった腹いせに乱暴したのに腹を立て、腐敗官僚戸樫を斬りすてようとした。戸樫は逸早く逃亡し、伊太郎は頼母の添書を持って駿府の貸元鉋屋大五郎の許へ姿を消す事にした。彼の愛人で櫓下の芸者千代次には好色な戸樫の毒牙が迫ったが、伊太郎は彼女を救出して姿を消す。戸樫の腹心最上は浪人六名を雇い、伊太郎の命を狙って後を追ったが発見できない。それもその筈、伊太郎は見違えるばかりの股旅姿に身を変えていた。駿府についた伊太郎は、尋ねる大五郎が数日前に仁右衛門一家の殴りこみで死んだ事を知った。そして大五郎の娘おちかが全滅に等しい打撃を受けた鉋屋一家を、女ながらも三次、音造の二人の仔分と共に守っていた。伊太郎はその家に草鞋をぬいだが、次の日、仁右衛門の身内が、おちかを親分の妾にしようと、例の伊太郎を探す七人の侍と一緒に現われた。だが彼等は伊太郎の腕に恐れて手出しができず、その夜、仁右衛門を先頭に一家三十余名が殴りこんで来た。伊太郎は奮戦の末、仁右衛門を捕え、彼の口から戸樫の指図で大五郎を殺したと聞く。その頃江戸では戸樫は更に桑山頼母を添島に殺させ、家をとりつぶす。伊太郎は慕うおちかと別れて江戸へ帰り、千代次と秘かに連絡をとり、添島を捕えて悪事を白状させる。そして彌五郎と二人、初春の獅子舞に扮して戸樫の宴席に現われ、彼を捕える。戸樫は死罪を申渡され、伊太郎は妹藤江を彌五郎に托し、女房姿の千代次をつれ、やくざ渡世の旅に出た。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。