日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大岡政談 血煙地蔵
オオオカセイダンチケムリジゾウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月27日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
45分  

「あゝ洞爺丸」の結束信二の脚本を「水戸黄門漫遊記 闘犬崎の逆襲」の伊賀山正徳が監督し、「潮来情話 流れ星三度笠」の福島宏が撮影に当る。出演者は「水戸黄門漫遊記 闘犬崎の逆襲」の月形竜之介、明智三郎、薄田研二、「母を尋ねて幾山河」の月丘千秋、杉狂児、「潮来情話 流れ星三度笠」の石井一雄、のほか岡田螢子、須藤健など。

スタッフ

企画
マキノ光雄吉野誠一
脚本
結束信二
監督
伊賀山正徳
撮影
福島宏
音楽
木下忠司
美術
森幹男
照明
伊藤銈市
録音
小松忠之

ストーリー

島津藩江戸屋敷の御用菓子商相模屋が納めた菓子折の中味が石に変っていた。そのため相模屋は留守居役高山重兵衛に出入をさし止められた。意気消沈した総領清七は、芸者加代菊に励まされ、また商売仇上総屋宗兵衛が中味を変えたと知ると、彼を傷つけ父から勘当された。相模屋は正式に御用差止になり、その上島津藩から預けられていた名刀が紛失した。高山はこれを故意の仕業として家老瀬川典膳に訴え、相模屋の当主喜衛門は捕われた。小川欣吾に事情を聞いた大岡越前守は、犯人は他にいると見てわざと清七を召し取った。宗兵衛は高山と結托し、利益を一人占めにする為、相模屋の番頭巳之助を買収して相模屋を陥し入れようとしていた。町人に変装した欣吾は、名刀が巳之助の情婦おつるの家にあるのを知り、持出させようとしたが、おつると訳のある森山新五郎はおつるを斬殺し刀を奪った。しかし新五郎は待ち構えていた捕方に捕われ、宗兵衛は島津邸へ逃げ込んだ。典膳は島津藩の威をかりて宗兵衛引渡しを拒んだが、高山の罪と越前守の覚悟を知ると宗兵衛を引渡した。かくして相模屋は再び島津家の御用を勤め、清七と加代菊は結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。