日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若旦那の御縁談
ワカダンナノゴエンダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年02月05日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

館三平の原案を川内康範が脚色、「娘ごころは恥づかしうれし」の小森白が監督する。音楽は「悲恋まむろ川」の服部正、撮影は「たん子たん吉珍道中」の山中晋がそれぞれ担当した。出演者は「娘ごころは恥づかしうれし」の高島忠夫、久保菜穂子はじめ、東野英治郎、飯田蝶子、多々良純、城実穂などである。

スタッフ

企画
島村達芳
原案
館三平
脚本
川内康範
監督
小森白
撮影
山中晋
音楽
服部正
美術
朝生治男
照明
小山正治
録音
村山絢二

ストーリー

両親のない岡沢香代子は昼は青果市場で、夜はアルバイトサロンで働きながら、一人の弟を大学に通わせている勝気な娘である。青果市場ではミス・ヤッチャバと呼ばれる人気者。ヤッチャバで一緒に働いている八百徳と魚松は、香代子の崇拝者で事ごとに張り合うが、また無二の親友でもある。スラックスにゴム長靴姿の香代子は、毎朝歌いながら自転車で出かけてゆく。或日、香代子はオート三輪を運転して銀座の千成屋果物店にゆき、店先で荷を下している所に、若旦那の明夫がパチンコの景品を抱えて帰って来た。香代子に皮肉られて明夫は口惜しがるが、千成屋のモダンお婆ちゃんは、香代子がすっかり気に入ってしまう。お婆ちゃんは香代子を明夫の嫁に決め込み、身元調査させるが、日本主義を固持する頑固なお爺ちゃんは、アルバイトサロンなどで働く女性には大反対である。明夫の同級生で整形外科医の柳田昭一の妹あや子は、享楽主義の典型的なアプレ娘で、明夫を結婚の相手に選んでいたが、互に意地を張りながらも愛し合っている香代子と明夫を見ると、あっさりと身を退いた。お婆ちゃんの戦法の効成って、お爺ちゃんは香代子に花嫁のテストをすることになった。隣室で心配していた明夫とお婆ちゃんは「うむ、偉い偉い!」のお爺ちゃんの声に笑顔を見合せた。数日後、並んでオートバイを走らせる二人の歌声が街に流れ、お爺ちゃんとお婆ちゃんの安心した顔が見えた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。