日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

哀愁日記
アイシュウニッキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年03月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Diary of Loneliness  
上映時間
149分  

『平凡』連載の原作を、「幽霊男」の沢村勉が脚色、「君に誓いし」の田畠恒男が監督し、「チャッカリ夫人」の布戸章が撮影に当る。主なる出演者は「女の一生(1955)」の草笛光子、「あなたと共に」の高橋貞二と紙京子、「三人娘 只今婚約中」の大木実、「七変化狸御殿」の淡路恵子などである。

スタッフ

製作
小倉武志
原作
北条誠
脚色
沢村勉
監督
田畠恒男
撮影
布戸章
音楽
万城目正
美術
脇田世根一
照明
荒井公平
録音
吉田庄太郎

ストーリー

幼い時に両親を失った志津子は、父の親友で政界や財界に勢力を持つ御手洗鉄造に養われ、長男亮一の婚約者であった。亮一の妹京子は、兄の友人浅岡をめぐって志津子を敵視した。或る時、皆で志賀高原に遊んだ志津子は、鳴瀬潤之助に会って互いに心を惹かれた。東京へ帰ると老女中のお里が御手洗家から暇を出されて神戸へ帰るところだった。その後で小羊学園の田原から、お里が実母であると聞き志津子は家出してその後を追ったが行方が知れない。傷心の彼女は車中で知りあった片桐浜を頼って淡路島のホテルで働くうち、社用で出張した潤之助と再会した。彼女は喜びに溢れたが、潤之助を慕う社長令嬢明美に邪魔され、折から島へ来た亮一の目をさけ、小羊学園の田原すずを頼って行った。その頃二十年の刑を終えた鈴木久平が御手洗家を訪れ、激論のはて夫人を傷けた。この久平こそ志津子の実父だった。折から潤之助は会社の不正事件の裏に御手洗がいる事を知り、辞表を出して信州の牧場に去ったが彼はここで働くお里が志津子の母とは知らなかった。浅岡は小羊学園で志津子に会い、彼女に深い愛情を抱いた。久平の公判で志津子は初めて彼が実父だった事を知った。御手洗の仕組んだ悪事は露見して久平の無実の罪は晴れ、親子三人は喜びの涙にくれた。そして浅岡は志津子の心が潤之助にある事を知り、潔く身を引いて二人の幸福を祝しつつ印度へ旅立った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。