日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

次男坊鴉
ジナンボウカラス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月29日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

「千姫(1954)」の八尋不二の脚本を「銭形平次捕物控 幽霊大名」の弘津三男が監督、「近松物語」の宮川一夫が撮影する。「美男剣法」と同じく、市川雷蔵と瑳峨三智子が共演し、「地獄谷の花嫁」の香川良介と南条新太郎、「密輸船」の富田仲次郎、「伊太郎獅子」の上田寛に新派の伊井友三郎等が助演する。

スタッフ

製作
酒井箴
企画
浅井昭三郎
脚本
八尋不二
監督
弘津三男
撮影
宮川一夫
音楽
渡辺浦人
美術
中村能久
照明
島崎一二
録音
海原幸夫

ストーリー

古河宿の親分七五郎の家へ草鞋を脱いだ旅鴉の礼三は、七五郎の一人娘お静に慕われたが、彼女には巳之助という許婚がある上に、礼三が三千石の旗本の次男であるため、父は娘の恋を諦めさせようとした。礼三も巳之助への義理をたてて旅に出た。三年後、七五郎は中風を痛み、縄張りは土手の甚三に荒され、無力な巳之助となった一人の子分友市を尻目に甚三は父娘に立退きを迫った。たまりかねて手向った巳之助は甚三に斬られた。そこへ不意に礼三が現れ忽ち甚三一家を追払い、単身で次々と賭場を取戻した。甚三は十手を預かる仁右衛門の力を借りて礼三の兇状を探ったが、旗本の息子と分って手も足も出ない。お静は巳之助の亡き今、晴れて礼三と夫婦になる日を待ったが、そこへ礼三の伯父六郷内膳正が訪れ、父と兄が急死のため礼三が後を継がねば家は断絶すると告げた。礼三は決心して、お静という女房があるから家へは帰れないと返事する。その一言を心にいだきしめ、お静は礼三を実家に戻した。江戸で柳沢豊後守を襲名した礼三は、日光営繕奉行の大任をうけ、一年間は日光を離れる事が出来ない。甚三はこれ幸と再び縄ばりを荒し、遂に七五郎を殺した。家もないお静は友市一人をつれ、流しの芸人としてやっと生きていた。一年たって大任を終えた礼三は、伯父に邪魔されて何も知らなかったが、初めてこれを知ると一夜やくざに身を変え、甚三の家にのりこんで彼と仁右衛門を斬り、侍をすてる気で、行列の後にお静と友市を従えて江戸へ向った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。