日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

めくら狼(1955)
メクラオオカミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年03月01日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

『人形佐七捕物帖』より「次郎長外伝 秋葉の火祭り」の毛利三四郎が脚色し、同じくマキノ雅弘が監督に当り、「明日の幸福」の三村明が撮影する。主なる出演者は「明日の幸福」の小泉博、「次男坊鴉」の瑳峨三智子、「春の渦巻」の志村喬、「鞍馬天狗斬り込む」の新珠三千代、「月笛日笛」の宇治みさ子のほか、進藤英太郎、水島道太郎、石黒達也、本郷秀雄など。

スタッフ

製作
滝村和男篠勝三
原作
横溝正史
脚本
毛利三四郎
監督
マキノ雅弘
撮影
三村明
音楽
紙恭輔
美術
清水喜代志
照明
入江進
録音
西川善男

ストーリー

浅草奥山の手裏剣投げの芸人南京おさきの手裏剣が一本紛失した。その夜、大川端で一人の女がその手裏剣に喉を刺されて死んでいた。女は丹波屋宗兵衛の世話になっている水茶屋の仲居であった。宗兵衛は若い時から女くせが悪く、多くの女を苦しめて来たが南京おさきの母親も彼にすてられて死んだ女だった。おさきは母の仇として宗兵衛を狙ったが、さすがに実の父親の命をとる事は出来なかった。そのおさきが観音様の裏手で殺され、喉には手裏剣が刺っていた。おさき一座の看板を画く絵師の典膳は、昔の宗兵衛の悪事の仲間だった。盲目の浪人喬之進も母の仇として宗兵衛を狙ったが、宗兵衛は何者かに殺された。目明しの佐七は丹波屋の番頭茂蔵と典膳を見張っていた。典膳は蛇踊りのお綱を荒縄でしばって写生したり、死体を写したりする画家だが、彼も森の中の辻堂で手裏剣を喉にうけて絶命する。正体不明の犯人は、更にお園の命まで狙うが、下男の源六が身替りに殺された。宗兵衛供養の法事の帰り、お園の駕籠は喬之進に襲われた。然し駕籠にはお園の姿はなく、佐七が下男に化けていた。翌日、佐七は丹波屋の根岸の寮にかけつけると、喬之進は又もお園を狙ったが佐七に妨げられる。その時、佐七を狙って手裏剣が飛んだ。危く佐七がさけると、手裏剣は喬之進につきささった。意外や犯人は?

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。