日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本退屈男 謎の伏魔殿
ハタモトタイクツオトコナゾノフシマデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年08月14日 
製作会社
東映 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

故佐々木味津三の原作による退屈男シリーズの一篇を「東京暴力団」の高岩肇が脚色、「闇太郎変化」の佐々木康が監督、「虚無僧系図」の松井鴻が撮影。主な主演者は「虚無僧系図」の市川右太衛門、「ゴジラの逆襲」の若山セツ子、「牡丹燈籠」の田代百合子、「銭形平次捕物控 どくろ駕籠」の進藤英太郎、他に喜多川千鶴、千原しのぶ、竜崎一郎、渡辺篤、徳大寺伸、杉狂児等。

スタッフ

企画
大森康正
原作
佐々木味津三
脚本
高岩肇
監督
佐々木康
撮影
松井鴻
音楽
白木義信
美術
鈴木孝俊
録音
東城絹児郎
照明
山根秀一

ストーリー

京都に現われた旗本退屈男早乙女主水之介は葵祭の夜目明しに追われる女を救った。しかし女は何者かに狙撃されて死んだ。ある夜退屈男は彼を襲った不逞の輩を捕えた。この男は先夜の目明し源七であった。源七は退屈男に先夜の女はかねて探索中の盗賊団の一味であること、女を逃がした為に与力真崎玄十郎が御役御免になったことを話した。退屈男は真崎に会った。真崎は一月程前に長崎で起った南蛮船襲撃事件のこと、その際に船からうばわれた財宝は船で堺に運ばれたらしいが未だに発見出来ないこと等を話した。退屈男は一味逮捕に協力することを約した。退屈男の命で堺の船着場を見張っていた源八は一味に見つかり殺された。捜査線上に山室幽斎なる人物が浮んで来た。退屈男は源八の娘おしづを山室邸に女中として住込ませた。彼女の調査と能舞台工事のために山室邸に入ったきり帰らない職人達の噂をきいた退屈男は折から彼を訪ねて来た山室の娘幾野に幽斎の悪事を明らかにした。能舞台披露の日、山室邸に現われた退屈男は舞台下に隠された南蛮船の財宝を暴いた。幽斎は退屈男に追われて抜け穴から所司代邸に逃れた。全てを知った退屈男は所司代の悪政をも暴き幽斎一味を斬った。五月晴のある日、東海道を行きながら退屈男は乱斗の最中に彼をかばって銃弾に仆れた敵の娘幾野の哀れな女心を思い出していた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。