日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

魚河岸の石松 マンボ石松踊り
カシノイシマツマンボイシマツオドリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年08月14日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
61分  

宮本幹也の原案を「母の曲」の笠原良三が脚色し同じく小石栄一が監督、「飛燕空手打ち」の星島一郎が撮影を担当した。主なる主演者は「天兵童子 三部作」の堀雄二と星美智子、「銭形平次捕物控 どくろ駕籠」の清川虹子、「アツカマ氏とオヤカマ氏」の柳谷寛、「まぼろし小僧の冒険 第三篇・第四篇」の三条美紀など。

スタッフ

企画
依田一郎
原案
宮本幹也
構成
小石栄一
脚本
笠原良三
監督
小石栄一
撮影
星島一郎
録音
岩田広一
美術
中村修一郎
照明
元持秀雄
音楽
飯田三郎

ストーリー

五才の時に別れた母親が盤梯山麓にいることが判ったキノキンは石松と共に会いに出かけるがすでに母親は真室川に引越した後だったので更に山形に向った。しかし母親は佐渡に渡ってしまっていた。旅費のつきた二人は音頭大会に飛入り出場し一等賞になって牛を貰ったのでそれを売り腹ごしらえをしていると旅廻り一座に入っている旧知のマミ達に会った。一座が新潟迄行くときき、二人は一座に加わる。座長の町子は石松に参ってしまう。新潟で一座は興行主の権田との間に契約金のことで悶着が起り座長の町子は止むなくマミ達を酒席にはべらせることとなった。酒宴の席で酒を飲まされ籠絡されようとしたマミ達は急を知ってかけつけた石松達に救われる。一座の権田からの借金は折から現われた芦屋夫人が払ってくれた。芦屋夫人は佐渡金山の権利を買い秘書のまり子を同道して現地に行くところであった。石松等は彼女等と佐渡に渡る。キノキンの母親はすでに清水港に引越してしまっていた。怪し気な鉱山技師黒田の手で危険な坑道に連れこまれた石松と芦屋夫人は折から起った坑道の崩壊の中でもつれあう。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。