日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

荒木又右衛門
アラキマタエモン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年09月21日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Mataemon Araki  
上映時間
119分  

長谷川伸の原作を「あっぱれ腰抜け珍道中」の鈴木兵吾が脚色し「新婚白書」の堀内真直が監督、「あっぱれ腰抜け珍道中」の竹野治夫が撮影を担当する。主なる出演者は「忠臣蔵(1954)」の松本幸四郎、「振袖剣法」の山田五十鈴、「お役者小僧 江戸千両幟」の大谷友右衛門、「奥様多忙」の七浦弘子、「「オリーブ地帯」より 第二の恋人」の大木実、「花真珠」の島崎雪子、「由起子」の小沢栄など。

スタッフ

製作総指揮
高村潔
製作
白井和夫
制作補
岸本吟一
原作
長谷川伸
校閲
村上元三
脚色
鈴木兵吾
監督
堀内真直
撮影
竹野治夫
音楽
木下忠司
美術
川村鬼世志
照明
寺田重雄
録音
森沢伍一

ストーリー

備前岡山池田藩の渡辺数馬と河合又五郎は親友であったが数馬の弟の源太夫を又五郎が斬って遂電したことから心ならずも敵同志になってしまった。数馬は義兄の荒木又右衛門に助太刀を求めたが、又右衛門は弟の仇を兄が討つというのは掟に反するといって肯じなかった。一方寵臣源太夫を討たれた藩主池田忠雄は又五郎の行方を捜索させたところ、又五郎は江戸で安藤治右衛門等の旗本連中にかくまわれていることが判った。忠雄は憤怒するが手をつけることが出来なかった。江戸へ出た又五郎は武士に生れた身を不幸と感じるようになった。彼は丹前風呂の湯女おこうに会い互いに愛し合うようになった。旗本と池田家の確執の深まる中に忠雄は病死した。幕府はこれを機会に両者の争を緩和させようとし池田家を幼君勝五郎に継がせ因州鳥取の池田家に国替を命じた。一方又五郎には江戸追放の処置をとった。ことの経過を具に知る又右衛門の依頼をうけた池田家家老荒尾志摩は遂に数馬に亡き殿の意をついで上意討ちを命じた。これで又右衛門は天下晴れて数馬の助太刀が出来ることになった。又五郎は大阪にいた。彼を追っておこうもまた大阪へ。そのうちに又五郎は水戸家へ仕官することになり江戸へ向った。又右衛門等は又五郎一行を伊賀上野鍵屋の辻に待ち討ちとった。仇討は成功した。だが数馬の歓喜をよそに又右衛門の顔には悲愁の色があった。その頃おこうは何も知らず又五郎を追って旅を続けていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。