日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新女性問答
シンジョセイモンドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年08月23日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「幻の馬」の長谷川公之と島耕二が脚本を書き、同じく島耕二が監督、「五十円横町」の中川芳久が撮影を担当した。主なる出演者は「藤十郎の恋」の京マチ子、「講道館四天王」の菅原謙二と八木沢敏、「母笛子笛」の船越英二、「花の二十八人衆」の矢島ひろ子、「旗本退屈男 謎の伏魔殿」の進藤英太郎など。

スタッフ

製作
藤井朝太
企画
塚口一雄
脚本
長谷川公之島耕二
監督
島耕二
撮影
中川芳久
音楽
大森盛太郎
美術
佐藤忠夫
照明
米山勇
録音
米津次男

ストーリー

関西ナイロン界の重鎮西川商店社長西川豊太は、東京進出を策して息子則彦と在京中、留守中は専務の長女絹子が一人で切廻していた。挨拶のために大阪に来た新入社員関口啓三は、絹子の妹由利子の結婚話を持参したが、その相手が関東ナイロン界にあって西川商店と仇敵の間柄の東山繊維の令息修一。由利子には次郎という許婚者もあり、相手が東山繊維とあっては絹子の心はおだやかでない。彼女はさっそく啓三、由利子を伴って上京した。ところが豊太はこの結婚に大賛成、彼はこれによって東山繊維の乗っとりを計画している。一方由利子はすでに修一と恋仲だという。あくまで反対の絹子は、啓三と共に二人の仲をさく運動に乗り出した。彼女は修一に近づいて彼の心をとらえ、箱根にドライヴするが、そこには啓三が待ちうけていて修一を翻弄するといった調子。そのうちに絹子の心は次第に啓三にひかれて行った。一方西川豊太の東山合併策は着着と進んだが、実は東山は莫大な借金を隠す大ペテン師だった。その後も絹子につきまとう修一は、遂に彼の由利子への結婚申入が政略以外の何ものでもないという告白を聞き出した。また絹子を身をきずかって別室に待機する啓三は、東山側と親しい芸者小ふじに会って、東山側の内幕を探知した。婚約は破棄されたが、いよいよ両社調印の日。ハラハラする絹子の眼の前で今や契約が交されようとするが、そこへ啓三が証人の小ふじを連れて現われ、東山一味の策略は失敗する。ところが小ふじはいつか啓三に強くひかれている。絹子を見て、彼女の証言は急にしどろもどろになってしまった……。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。