日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

三等社員と女秘書
サントウシャイントオンナヒショ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年09月18日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

スポーツニッポン連載の北町一郎の小説『特殊休暇一週間』より「緋牡丹記」を監督した野村浩将が勝俣真二と共同脚色し、同じく監督、「アツカマ氏とオヤカマ氏」の西垣六郎が撮影を担当した。主なる出演者は「森繁のやりくり社員」の高島忠夫、「我が名はペテン師」の久保菜穂子、「花真珠」の宇津井健、日比野恵子「悪魔の囁き」の船橋元など。

スタッフ

製作
金田良平
原作
北町一郎
脚色
野村浩将勝俣真二
監督
野村浩将
撮影
西垣六郎
音楽
大森盛太郎
美術
加藤雅俊
照明
傍士延雄
録音
沢田一郎

ストーリー

大阪七洋電機の三等社員月岡、山下、成田の三人は親友であった。彼等はそろって社長秘書のルリ子を恋していた。ある日三人は東京に出張して借金を取立てるよう命令を社長から受けた。三人は上京した。山下は上京の途中車中で鞄を間違えられ、大事な約束手形を失くしてしまったが、東京で借金取立てにかかるとその相手が鞄を間違えた春江という女の旦那、千葉商会の主人であることが判り、うまく借金を回収出来た。月岡の相手は三友産業の青柳社長であった。月岡は社長秘書の京子を相手にして交渉しているうちに、金庫に閉じこめられた社長を救ったことからこれも話がうまく運び、借金を取立てることが出来た。成田の相手は東洋家庭学院の院長女史であった。院長は吃音の成田を前に気焔をあげた。そのうちに酒が出た。成田は酒を飲むと吃音がなおり雄弁になるのである。酒で成田をごまかそうとした院長はかえって成田にあおられ借金を支払わされてしまった。こうして三人は東京出張の使命を果すことが出来た。大阪に帰った三人は係長に昇進と決まった。しかしルリ子はすでに婚約者があることが判り三人はがっかりした。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。