日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若き日の千葉周作
ワカキヒノチバシュウサク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年10月04日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Young Swordman Shusaku Chiba  
上映時間
95分  

山岡荘八の原作を「楊貴妃」の共同脚色者の一人成澤昌茂が脚色し、「振袖剣法」の酒井辰雄が監督、同じく服部幹夫が撮影を担当した。主なる出演者は「振袖剣法」の中村賀津雄、高木悠子、「荒木又右衛門」の高野真二「愛の一家」の雪代敬子、「お父さんはお人好し」の花菱アチャコなど。

スタッフ

製作
高木貢一
原作
山岡荘八
脚色
成澤昌茂
監督
酒井辰雄
撮影
服部幹夫
音楽
池田正義
美術
川村鬼世志
照明
村田政雄
録音
森沢伍一

ストーリー

千葉周作は幼名を於菟といった。陸前鬼首に北辰夢想流の後継者たる父幸右衛門と乳母の手で育てられ、早くも「千葉の小天狗」と異名をとった於菟は、あるとき、嘗て千葉家の内弟子で今は鬼首に道場を構える荒尾宮内が、父幸右衛門に千葉の家を継がれた遺恨からあらぬ噂を吹聴し、そのため母は自害し、父もそれ以来剣を捨てて医者になったという話を耳にした。憤然と荒尾道場に暴れ込んだ於菟は、却って捕えられて鬼首峠でさらし者にされた。しかし、宮内は心の中では娘奈々江を於菟に添わせ、千葉家を相続させたいと願っているのだった。奈々江に懸想する師範代森川新之介は、於菟を亡きものにしようと図るが、奈々江の働きで於菟は危く助かった。幸右衛門は於菟の行動を知り、恩師岩上孤雲を訪ね、武士の道として於菟を斬り捨てたうえ、自刃する決意を打ち明け介錯を頼むが、小天狗於菟の将来を属望する孤雲のはからいで、於菟は周作、幸右衛門は浦山寿貞と名を改めて江戸に出た。そして、周作は父の旧友浅利又七郎の道場に預けられた。一方、周作を慕う奈々江は江戸に向い、邪恋に狂う新之介もそれを追った。周作はきびしい練磨のすえ、師範代を許されるまでの上達ぶりだった。又七郎は娘綾の婿となって流派を継ぐようにすすめるが、周作は奈々江を忘れることができない。そんなころ、奈々江をかどわかし、卑怯にも父寿貞の命を奪った新之介が、周作に果し状をよこした。新之介の蔭れ家に乗り込んだ周作は、新之介一味を斬り倒したが、哀れ奈々江は新之介の刃に斃れ、周作と綾の倖を祈りつつ息絶えた。周作は奈々江の面影を胸に、果てしない剣の旅に出た。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。