日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続・獅子丸一平
ゾクシシマルイッペイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年10月17日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

身分違いの母から生れた為、権門の迫害を受けて流浪する時の帝の子の生い立ちと波乱の人生を描く。スタッフ、キャストは前篇と同じであるが続篇は「あすなろ物語」の久我美子が綾姫の役を演じ、前篇の小沢栄扮する今出川公久は北野川公久と訂正された。

スタッフ

企画
マキノ光雄田口直也小川三喜雄
原作
川口松太郎
脚色
松山善三
監督
萩原遼
撮影
吉田貞次
音楽
小杉太一郎
美術
川島泰三
照明
福田晃市
録音
藤本尚武

ストーリー

牢を破って母のいる三河国雪城に帰った獅子丸は父の光春が北野川公久に殺されたのを知った。更に千代野恋しく江戸に出て来た一平は父の旧知仲小路金吾に会った。一平の身を案じた山神は一平の弟達を江戸に送った。弟達の願いと金吾の進めで一平は再び江戸を発った。途中、将軍の代参として久野山に向う千代野の行列に逢った一平は、久しぶりで千代野と語ることが出来た。だがすべてを運命とあきらめた千代野の心にもないつめたい言葉に二人はすげない別れをした。一方、雪城の茂は金吾から、帝が今も茂を思い、子供の一平にも逢いたがっていることを知らされ、なんとかして一平を帝のもとにやりたいと思った。一平は帝に会いたくなかったけれども、母の心根を思いやり金吾や弟達と京に向った。途中一行は上皇派の刺客に襲われ、離ればなれになって京に着いた。一平は愛宕山で不思議な武芸神に会い鍛えられた。激しい修行が続き、その満願の日ついに気を失った一平は北野川公久の娘の綾姫に救われ、看護を受けた。父の敵の娘とも知らず一平は綾姫に思慕の情を抱くようになった。金吾達は閑院宮家にいた。病床にあった閑院宮典仁親王は帝と一平を会わせようと思っていた。遂に愛宕山に一平のいることが判った。北野川一派もまた一平の居所を知り、一隊が襲ったが、一平は綾姫をかばって一隊を斬り捨てた。しかし彼は綾姫の正体を知った。一平は愛宕山を降り典仁親王に会った。帝も一平に会う為に皇居をひそかに出た。実の父に会うべきか否か、一平は「私の父は神宮寺光春」ですと叫ぶのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。