日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

薩摩飛脚(1955)
サツマヒキャク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年11月01日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Messenger from Satsuma  
上映時間
79分  

薩藩に潜入し同行した友人が消息を絶った為疑惑を受けた隠密の苦衷と冒険を描く。大仏次郎の小説を「復讐の七仮面」の比佐芳武が脚色し、「織田信長」の河野寿一が監督、「だんまり又平 飛龍無双」の三木滋人が撮影を担当した。主なる出演者は「牢獄の花嫁」の市川右太衛門、「獅子丸一平」の月形竜之介、「弓張月」の長谷川裕見子、「身代り紋三 地獄屋敷」の花柳小菊、「新・平家物語」の進藤英太郎など。

スタッフ

企画
坂巻辰男
原作
大佛次郎
脚色
比佐芳武
監督
河野寿一
撮影
三木滋人
音楽
深井史郎
美術
塚本隆治
照明
田中憲次
録音
石原貞光

ストーリー

薩摩飛脚--この言葉は死を意味する。薩摩領内に潜入した公儀隠密の殆どが、二度と姿をあらわさないからだ。神谷金三郎は、その数少ない薩摩飛脚の生き残りの一人だが、彼を待っていたものは、共に出かけた親友松村伊織を故意に見殺しにしたという忌わしい噂であった。松村の妻女おるいと金三郎との間に、まだおるいが嫁ぐ前、とかくの取り沙汰をされていたことが一層彼の立場を不利にした。金三郎は松村の消息を掴んで、潔白のあかしを立てようと思った。まず深川にあらわれた彼は、薩摩の黒幕人物と目される伊集院帯刀の舟を襲ったが、帯刀からは何も聞き出せず、つれ込まれていた芸者小きんを救った。その頃、お庭番(公儀隠密)の間では松村の弟欽之助を盛り立てて、薩摩屋敷を襲撃しようとする動きがあり、それを耳にした金三郎は欽之助を戒めるのだった。はからずも泥棒の伝次から矢の倉の田原屋と帯刀の関係を聞いた金三郎は、お役目を辞退し、自由な身となって探索を続けることにした。そして、ある日大川端の舟宿に身をひそめ、田原屋の舟を見張っていると、隣室から怪僧覚真が金三郎を監視していた。その後、金三郎が刺客に囲まれたときも、覚真は物蔭から眼を放さなかった。やがて、おるいと欽之助は、松村の消息を求めて薩摩に旅立った。おるいにとっては、執拗にいいよる旗本堀江喜内から逃れる旅でもあった。喜内こそは、金三郎を陥れようとして、数々の噂を撒いた張本人で、帯刀とも気脈を通じている裏切り者だった。ある夜、金三郎は矢の倉の近くで薩摩藩の船を襲い、禁制の異国の品を奪うが、事の発覚を恐れる帯刀は、刺客を向けて金三郎を暗殺しようと謀った。とも知らず金三郎はおるいと欽之助を追って、死地に向うのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。