日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

絵島生島
エジマイクシマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年10月30日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Ejima and Ikushima  
上映時間
126分  

徳川中期、権謀術数の世界に生きる御殿女中絵島と役者生島新五郎の悲恋を描く。東京新聞連載の舟橋聖一の小説を「燃ゆる限り」の柳井隆雄が脚色し「あなたと共に」の大庭秀雄が監督、「獄門帳」の石本秀雄が撮影を担当した。主なる出演者は「夫婦善哉」の淡島千景、「「オリーブ地帯」より 第二の恋人」の草笛光子、「江戸の夕映」の市川海老蔵、「遠い雲」の高橋貞二、「柔道開眼」の柳永二郎、他に高峰三枝子、丹阿彌谷津子、菊五郎劇団の屋上松緑、尾上梅幸、市川左団次、坂東彦三郎など。色彩はイーストマン松竹カラー。

スタッフ

製作総指揮
高村潔
製作
白井和夫
原作
舟橋聖一
脚色
柳井隆雄
監督
大庭秀雄
撮影
石本秀雄
音楽
池田正義
美術
浜田辰雄
照明
村田政雄一瀬与一郎
録音
福安賢洋

ストーリー

六代将軍家宣の側室で病弱な鍋松の生母左京の局は、御台所(天英院)が老中土屋相模守らと結托し、七代将軍に紀州の吉宗を迎えようと画策していると知り、家宣の寵臣間部越前守の政治力に縋った。そして、千代田城内ははしなくも左京の局、間部、大年寄絵島派と、正室、老中派が対立を続けたが、家宣急逝のあと、鍋松が七代将軍家継となるや、間部越前守、新井白石の二摂政時代を迎え、月光院を名乗る左京の局は天英院を圧し、権勢を檀にした。ある夜、図らずも月光院と間部のひめごとを目撃した絵島は、激しい衝動を受けた。月光院はそうした絵島を慰めるため、奥医師好竹院に命じ、人気役者生島新五郎を秘かに大奥に迎え入れ、絵島と生島の心は固く結ばれた。生島に惚れぬいている中藹の宮路はそれを知って天英院に訴え、一時は大騒ぎになるが月光院のはからいで無事におさまった。その夜から、絵島の女ごころは火と燃えた。その絵島を陥れようとたくらむ宮路は、芝居茶屋につれ込んで生島を取り持ったばかりでなく、大奥の権利を掴もうとする商人の賄路を絵島に受けさせた。一方、生島を慕う彼の義妹、宇津は、噂がひろまるにつれ、奥女中と義兄の恋の行末が案じられ、ひとり胸を痛めるのだった。やがて家継が病床に臥し、再起不能とみた間部は、天英院の先手を打って吉宗の出馬を乞い、自分と月光院の風評を揉み消すため大奥粛正を断行した。家宣の命日に当る日、月光院の代参として増上寺に赴いた絵島は法要半ばに生島が召捕られたことを聞いた。かくて、絵島は信州高遠に、そして生島は三宅島に流罪ときまり、二十八年の歳月が過ぎた。病に倒れた絵島は生島の名を呼びつづけて、その生涯を終った。絵島の死を知って、生島も心につなぎとめてきた一切の希望を断ち、後を追うようにこの世を去った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。