日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

帰って来た若旦那
カエッテキタワカダンナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年11月01日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Tactics of Love  
上映時間
91分  

アメリカ留学から帰って来た老舗の若旦那と商売仇の娘をめぐるユーモラスな恋愛葛藤を描く。楓誠二の原案に基いて「続宮本武蔵」の共同脚色者の一人、若尾徳平が脚本を書き、「初恋三人息子」の青柳信雄が監督、「愛の歴史」の遠藤精一が撮影を担当した。主なる出演者は「婦系図 湯島の白梅」の鶴田浩二、「夫婦善哉」の司葉子、「若夫婦なやまし日記」の柳家金語楼、「旅路(1955)」の平田昭彦、「初恋三人息子」の北川町子、藤間紫、「魚河岸の石松 マンボ石松踊」の清川虹子など。

スタッフ

製作
本木荘二郎
企画
桜沢一
原案
楓誠二
脚本
若尾徳平
監督
青柳信雄
撮影
遠藤精一
音楽
佐藤勝
美術
北猛夫清水喜代志
照明
城田正雄
録音
保坂有明

ストーリー

江戸時代からの暖簾を誇る西銀座の菓子屋南蛮堂も今では家運振わず、当主平太郎は目下アメリカに商業美術の研究で留学中の息子修一に、唯一の希望をつないでいる。その南蛮堂を掌中に収めようとたくらむ新興菓子屋桜ベーカリーの女主人桜子に、南蛮堂の借金証文を餌にしてとりいった金融ブローカー望月は、桜子の娘杏子が目当てなのだが、杏子は修一と相愛の仲だった。平太郎が修一に「スグカエレ」と打電したのは、借用証文をタテに店を乗取られそうになったからである。ところで、南蛮堂の養女春江は修一の許婚だが、彼女には店の職人で五十嵐という恋人がある。アメリカから帰った修一は、妹の不二子から春江との結婚式が迫っているときかされ、慌てて裏隣りの芸者屋つるの家の二階に身をかくした。そこの芸者夢千代は修一の幼馴染である。修一の指金で、今度は春江が家出をした。ふとしたことから、望月が南蛮堂と桜ベーカリーの横領をたくらんでいると知った修一は、杏子に会って、望月から桜ベーカリーの改築に建築技師としてアメリカから招ばれたこと、そして春江と結婚する意志のないことを告げた。さらに修一は電話戦術を用いて平太郎に春江と五十嵐の結婚を承諾させた。一方、杏子から結婚を拒絶された望月は本性を現わし、桜子親娘を脅迫にかかるが、修一の活躍で危いところを救われた。そして、春子と五十嵐、杏子と修一が結ばれ、平太郎と桜子の間にも老いらくの恋とやらが芽生えたのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。