日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

荒獅子判官
アラジシハンガン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年11月08日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

傑作倶楽部連載の陣出達朗の小説を「だんまり又平 飛龍無双」の共同脚色者の一人浪江浩が脚色、同じく佐々木康が監督、「牢獄の花嫁」の松井鴻が撮影を担当した。主なる出演者は「だんまり又平 飛龍無双」の片岡千惠蔵、「獅子丸一平」の千原しのぶ、小杉勇、「美女と怪龍」の片岡栄二郎、「続・薩摩飛脚 完結篇(1955)」の進藤英太郎、浦里はるみなど。

スタッフ

企画
玉木潤一郎
原作
陣出達朗
脚色
浪江浩
監督
佐々木康
撮影
松井鴻
音楽
山田栄一
美術
鈴木孝俊
照明
中山治雄
録音
東城絹児郎

ストーリー

天保九年、失政のかどで老中水野越前守に職を追われた木戸但馬守、美濃部筑前守、田口加賀守の三人は、北町奉行大草能登守から打倒水野執政の陰謀を打ち明けられた。大草は先年、大目付跡部山城守のため処刑された大塩平八郎の義弟大町新之助を操って武器の抜け買いをさせ、私腹をこやしているのだった。水野に怨みを抱く三人がその計画に加担したことはいうまでもない。ところがある夜、跡部の屋敷へ抜け買いの訴状が投げ込まれた。事態を憂慮した跡部は甥の遠山金四郎を料亭に招いて事件の調査を命じた。思い当る節のある金四郎は両国の盛り場へ出かけ、おらんだ座の楽屋で大町新之助を怪しいと睨むが、かねて金四郎に首ったけのからくり人形師目吉の娘お景の出現で、新之助の姿を見失ってしまった。一方、木戸らは将軍の久能山参詣を期して、水野を暗殺することにきめ、目吉をおらんだ座の地下室に監禁して兇器をかくしたからくり人形を作るように命じた。金四郎がおらんだ座に目をつけたと知った大草は、事件の発覚を恐れて地下室を爆破させ、新之助と姉お豊に罪をきせようとしたが、駈けつけた金四郎と前非を悔いた新之助の働きで、目吉とお景はことなきを得た。かくて今は父の跡目を継ぎ大草に代って北町奉行となった金四郎の明快な裁きで、さしもの大事件も解決した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。