日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

薩摩飛脚 完結篇(1955)
サツマヒキャクカンケツヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年11月15日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Messenger from Satsuma Pt.2  
上映時間
87分  

前編と同じスタッフ、キャストであるが、新しく勝浦千浪と「だんまり又平 飛龍無双」の原健策が迫加配役された。

スタッフ

企画
坂巻辰男
原作
大佛次郎
脚色
比佐芳武
監督
河野寿一
撮影
三木滋人
音楽
深井史郎
美術
塚本隆治
照明
田中憲次
録音
石原貞光

ストーリー

東海道を西へ--伊集院帯刀一味の執拗な追撃を逃れて大阪に着いた神谷金三郎と伝次は、薩摩への便船を待つかたわら薩摩の蔵屋敷を見張っておるいと欽之助の消息を探った。そのおるいたちは叔父赤堀玄哲を頼って大阪に入っていたが、赤堀も実は帯刀の一味で、帯刀は二人を囮にして金三郎を亡きものにしようと奸策をめぐらすのだった。ある日、欽之助に再会した金三郎はおるいの危機を聞き、裏切者堀江喜内を斬っておるいを救った。彼はまた懇意の回船問屋べっこう屋お才の注進で、芸者小きんが監禁されていると知り薩摩蔵屋敷に忍び入るが、すでに小きんは連れ去られたあとで、刺客の群に囲まれた。その後ようやく薩摩に潜入した金三郎と伝次は先発のおるいと逢い、彼女の良人松村伊織が八重山の土牢に幽閉されていることが判った。だが早くも金三郎の動きを察知した帯刀が伊織を土牢から連れ出すと忽然と現れた黒装束の一隊が伊織を奪い去った。一方、金三郎は帯刀の陣屋を襲ったが、小きんを助けるひまもなく八重山に向い、敵の術中に陥っているおるいと欽之助を救った。その時、矢文が風を切って金三郎の足もとに立った。その矢文に記された豊後山荘に赴くと、意外にも怪僧覚真が待っていた。帯刀から伊織を奪ったのは覚真の配下だった。折も折、帯刀一味が山荘を急襲し、最後の決戦の末、金三郎は帯刀を斃し、伊織とおるいは抱き合って無事を喜ぶのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。