日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺は藤吉郎
オレハトウキチロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年11月29日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
I Was Tokichiro  
上映時間
104分  

「週刊サンケイ」連載の川口松太郎の原作を「悪太郎売出す」の八尋不二が脚色、「長崎の夜」の森一生が監督、「新・平家物語」の宮川一夫が撮影を担当した。主なる出演者は「新・平家物語」の林成年、「長崎の夜」の長谷川一夫、「赤城の血祭」の島崎雪子、「江戸一寸の虫」の瑳峨三智子、「我が名はペテン師」の角梨枝子など。

スタッフ

製作
酒井箴
企画
浅井昭三郎
原作
川口松太郎
脚色
八尋不二
監督
森一生
撮影
宮川一夫
音楽
斎藤一郎
美術
西岡善信
照明
中岡源権
録音
大角正夫

ストーリー

尾張国中村在の百姓弥右衛門の伜日吉は勃々たる野心を胸に抱いていた。かねて日吉丸を慕う名主の娘雪野は親のすすめる縁談をきらい日吉丸の許に走ったが、二人の仲は悲しくも引き裂かれた。父の死後、家を飛び出した日吉丸は矢矧橋の上で野武士の首領蜂須賀小六と逢った。その陣屋へつれて行かれた日吉丸は野武士の手先となることをいさぎよしとせず、今川義元の部将松下嘉平次に仕え、元服して木下藤吉郎と名乗った。嘉平次の命で小田原の北条陣に潜入した藤吉郎は、敵兵に追われて遊女宿に逃げ込んだ。遊女市瀬は相似た生い立ちの藤吉郎をかくまったうえ、北条方の配陣図を餞けてやった。彼女も諜者なのだ。その折、隣室で酔いしれた武士が明朝今川勢に不意討ちをかけると口にしているのを耳にして、藤吉郎は自陣にその情報を報告したことはいうまでもない。翌未明、今川勢は北条方の裏を掻いて大勝をおさめたが、功名は大将のものとなって、藤吉郎には何の恩賞もなかった。今川陣を見捨てた藤吉郎は、清州に近い田舎道で図らずも織田信長の目にとまり、足軽に加えられた。まもなく藤吉郎は足軽頭藤井又右衛門の娘ねねに心を惹かれるが、家中でも評判の美女が足軽風情を相手にしてくれる筈はなかった。その頃、清州城は山口九郎二郎の宰領で修理にかかっていたが一向にはかどらず、風雲急な折とて信長は心を痛めるのだった。藤吉郎は進んで大役を引き受けて僅か三日間で完成した。山口九郎二郎が敵の間諜と見破ったのも藤吉郎であった。かくて、首尾よくねねを射とめた藤吉郎は出世街道を突進するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。