日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

怪盗と判官
カイトウトハンガン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年12月07日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Judge and Thief  
上映時間
86分  

「ブルーバ」の小国英雄の脚本を「いろは囃子」の加戸敏が監督、「鬼斬り若様」の今井ひろしが撮影を担当した。主なる出演者は「いろは囃子」の市川雷蔵、「悪太郎売出す」の勝新太郎、阿井美千子、市川小太夫、「薩摩飛脚 前篇(1955)」の長谷川裕見子、「青銅の基督」の堺駿二、新人清水谷薫など。

スタッフ

製作
酒井箴
企画
浅井昭三郎
脚本
小国英雄
監督
加戸敏
撮影
今井ひろし
音楽
大久保徳二郎
美術
菊池修平
照明
古谷賢次
録音
林土太郎

ストーリー

泥棒の鼡小僧は悪事が過ぎて江戸にいられなくなり旅に出ることになった。遠山金四郎も家督を弟に譲るため江戸を出奔することになった。二人は箱根山中の茶店で、折から膝栗毛最中の弥次郎兵衛、喜多八とそれぞれ笠を取りちがえたことから一緒に旅をする破目になった。次郎吉の後を追っているのは彼にほれている道中師おれんと、もう一人江戸の目明し伝七であった。金四郎は伝七が自分を追っているものと感ちがいしていた。二人は宿にも泊れず、野宿をするうちに腹が減って旅芸人甚兵衛の一座に転りこんだ。ある宿場町で小屋をかけると、その土地の顔役、藤五郎が一座の娘お雪に懸想し、姉さん株のお蔦もろともさらって行った。二人は別々に行動してお雪とお蔦を救った。二人はそれでもまだ、お互いが怪盗と未来の判官であることを知らなかった。お雪は弟の三郎と彦根在にいるという母に会いに行く身、北陸路に向う一座とは近江で別れることとなった。だが姉弟の母親はすでに信州に引越した後だった。落胆する姉弟を連れて次郎吉は江戸に、金四郎は京都に向った。彼等は半年後の満月の夜、江戸での再会を約して別れた。京都の伯父の家に行った金四郎は、江戸の父の重体を知らされ急いで江戸に帰った。伝七やおれんもまた江戸に向った。江戸では鼡小僧を名乗る怪盗が殺人強盗をやっていた。本物の次郎吉は偽者を捕えようと苦心した。今は奉行となった金四郎もまた同じく怪盗捕縛に腐心した。約束の満月の夜大捕陣がひかれ、二人は意外な再会をしたが、同時に次郎吉は捕えられた。やがてお白州が開かれ、名奉行遠山金四郎の口から、意外や兇悪な怪盗は目明し伝七であることが判明した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。