日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大江戸出世双六
オオエドシュッセスゴロク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年12月28日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

「帰って来た若旦那」の若尾徳平が淀橋太郎と共同で脚本を書き、「二等兵物語」のコンビ、福田晴一が監督、片岡清が撮影を担当した。主なる出演者は「応仁絵巻 吉野の盗賊」の高田浩吉、「二等兵物語」の伴淳三郎、関千恵子「赤城の血祭」の北上弥太朗、「続・この世の花 第4・5部」の水原真知子、「帰って来た幽霊」の花菱アチャコ、新人伊吹友木子など。

スタッフ

製作
岸本吟一
脚本
若尾徳平淀橋太郎
監督
福田晴一
撮影
片岡清
音楽
鈴木静一
美術
川村鬼世志
照明
山本行雄
録音
高橋太朗

ストーリー

天下の御意見番大久保彦左衛門の仲間一心太助は、家康公より拝領の皿を割ってしまった腰元お夏を手打から救ってやったが、うるさい武家奉公がイヤになり、源兵衛長屋へ引越して魚屋を開業した。この長屋には、太助に色眼をつかう家主の娘おせんをはじめ、産婆のおかん、あんまのおよね夫婦、唄の好きな大工の吉五郎とおはまの新婚夫婦、浪人竹内与五郎、そして、病身の母に孝養をつくすおちかと新之助の姉弟などが住んでいる。さて太助は、長屋に無理難題を吹ッかける大目付川勝丹波守に楯をついて相変らずの気骨ぶり、そのころ、将軍家光が口うるさい矢島の局の眼をくらまし、彦左の案内でこの長屋へやってきた。暢気な町人生活がすっかり気に入った家光、そればかりか孝行娘おちかに淡い恋ごころをおぼえてしまう。ところが、そのおちかが大阪夏の陣で逃亡した旗本中野源十郎の娘であることが知れ、誰よりあわてたのは浪人の竹内と川勝丹波守だ。というのは、おちかの母に気のあった川勝が中野源十郎を殺して行方不明といいふらし、その悪事を嗅ぎつけた竹内が川勝をゆすっていたからだ。秘密を守るためおちかを殺そうと図る川勝一味と、彦左衛門、太助たちとの間に、智恵くらべ、腕くらべがはじまった。松平伊豆守ら旗本の応援もあって、彦左と太助はめでたく川勝一味を倒したが、矢島の局の迎えを受けた家光はおちかと涙の別れを告げ、城へ帰った。そして太助は新妻姿のお夏に見送られて、元気よく町へ商売に出かけて行くのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。