日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本退屈男 謎の決闘状
ハタモトタイクツオトコナゾノケットウジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年12月28日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

佐々木味津三の原作を「薩摩飛脚 完結篇(1955)」の比佐芳武が脚色、「笛吹若武者」の佐々木康が監督、「荒獅子判官」の松井鴻が撮影を担当した。主なる出演者は「薩摩飛脚 完結篇(1955)」の市川右太衛門、「笛吹若武者」の美空ひばり、大川橋蔵、「まぼろし怪盗団 (三部作)」の三笠博子など。

スタッフ

企画
大森康正
原作
佐々木味津三
脚色
比佐芳武
監督
佐々木康
撮影
松井鴻
音楽
万城目正
美術
鈴木孝俊
照明
田中憲次
録音
東城絹児郎

ストーリー

五代将軍綱吉の治世。夜釣りに行った円太と弥八は黒覆面の一隊の囲む御殿駕篭の中に女の死体があったのを見たため生命をとられそうになった。そこへ旗本退屈男、早乙女主水之介が現われて二人を救った。主水之介は円太達長屋の連中を使って事件解明に乗り出した。その一人三平が御殿女中姿の女の死体を見つけて報告して来た。その女は蔵前の札差信濃屋五兵衛の養女おたかであった。おたかは将軍の側女として城中に上るため将軍家祈祷所護持院へお浄めに行く途中殺されたのだ。護持院を訪れた主水之介は執事の了山から剣もホロロに扱われて帰る途中、黒覆面の一隊に襲われたが愛刀平安城相模守を振ってこれを撃退した。ある夜謎の駕篭の主をつきとめた主水之介は、その主が将軍綱吉であるのに愕然とした。綱吉は微行で柳沢出羽守の邸に行く途中であった。柳沢は愛妾おさめの方を使い、好色な将軍の機嫌を取りむすぶため自邸で乱痴気騒ぎの饗宴をひらいていた。綱吉の愛が他の女に移ったのを嫉妬した側女のおまきは綱吉に側女を寄せつけまいとしておたかを毒殺したのである。ある日主水之介邸に悪人に追われたといって逃げこんだ娘美保は実は柳沢一派の間者であった。しかし美保は主水之介の誠実さにうたれてすべてを明かした。種々の証拠から事件の根本は柳沢の奸計にあることを知った主水之介は敢然として柳沢邸へ乗り込んだ。綱吉は己の非を覚り、柳沢一派は諸羽流正眼くずしの前に壊滅した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。