日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

へそくり社長
ヘソクリシャチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年01月03日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The President's Boss  
上映時間
82分  

「青い果実」の笠原良三のオリジナル・シナリオを「サラリーマン 続・目白三平」の千葉泰樹が監督、「生きものの記録」の中井朝一が撮影を担当した。主なる出演者は「花嫁会議」の森繁久彌、越路吹雪、小林桂樹、「続宮本武蔵」の八千草薫など。「三等重役」「続三等重役」に続くサラリーマン・シリーズ。

スタッフ

監督
千葉泰樹
製作
藤本真澄
脚本
笠原良三
撮影
中井朝一
音楽
松井八郎
美術
河東安英
照明
岸田九一郎
録音
小沼渡

ストーリー

明和商事の新社長田代善之助が三等社長と呼ばれているのは、総務課長時代に先代社長の令嬢厚子を射止めて、今日の地位を築いたからであろう。善之助は毎朝、先代社長の肖像写真と「仕事に惚れろ、金に惚れろ、女房に惚れろ」と書いた直筆を拝むことにしている。ある日、大阪から厚子の妹未知子が株主総会出席かたがた、お婿さん探しに上京し、善之助の秘書小森信一がお守役を仰せつかった。未知子は芸者遊びを見たいといい出して、小森は恋人のタイピスト大塚悠子とのランデヴーを棒に振らなければならなかった。あくる日、小森が悠子に平身低頭しているところへ未知子が来て、善之助に小唄の稽古をさせたいから昨夜の料亭へつれて行けという。小唄師匠の小鈴が善之助に筋がいいとおだてたのは、ほかに野心があるからだ。とも知らず、気をよくした善之助が通いつづけると、小鈴は小料理屋を開業したいから五十万円ほど都合してくれないかと色気たっぷりに持ちかけた。善之助に相談された小森は、そこでへそくりの方法を進言した。まず出張旅費をごまかす法、ボーナスの支払伝票を偽造する法、財布を掏られたと称する法などなど。待望のボーナス支給日、善之助は伝票を二本建にして、それで小鈴への約束を果せると喜んだ。その夜、恒例の社員慰労会で、善之助が得意のドジョウすくいを見せていると、先代未亡人が未知子と厚子夫人をつれて会場へ現われたので、善之助は酔いも醒め果て、その場に平伏したのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。