日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

「少年宮本武蔵」より 晴姿稚児の剣法
ショウネンミヤモトムサシヨリハレスガタチジノケンポウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年01月03日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

雑誌「少年」連載の小山勝清の小説を「顔のない男」の構成をした鈴木兵吾と新人芦沢俊郎が共同脚色し、「若き日の千葉周作」の酒井辰雄が監督、「荒木又右衛門」の竹野治夫が撮影を担当した。主なる出演者は「元祿美少年記」の中村賀津雄、「復讐浄瑠璃坂・二部作」の大河内傳次郎、「角帽三羽烏」の小山明子、紙京子、「赤城の血祭」の北上弥太朗など。

スタッフ

製作
市川哲夫
原作
小山勝清
脚色
鈴木兵吾芦沢俊郎
監督
酒井辰雄
撮影
竹野治夫
音楽
鈴木静一
美術
大角純一
照明
村田政雄
録音
森沢伍一

ストーリー

姫路城下。宮本弁之助は亡父新免無二斎の遺志をつぎ大剣士になろうと志していた。その為誰彼となく試合をいどみ、遂には武芸者有馬喜兵衛に試合を強要、これを打ち殺してしまった。無二斎の旧友愚安和尚は弁之助の粗暴を厳め、都に出て腕を磨けといった。弁之助は幼友達のお孝に手紙を残して京都に向った。喜兵衛の妹美里と門弟鴨甚太郎は途中弁之助を襲うが失敗した。その時彼等は計らずも吉岡清十郎の弟伝七郎や徳川の隠密角倉素庵と知り合い共に京都に向うこととなった。京に出た弁之助は試合を望んで来る武芸者に次々とかったが、ある日愚安和尚と共に吉岡清十郎を訪れ、さんざんに打ちすえられ、始めて己の未熟さを悟った。その頃、母を失ったお孝も旅芸人のお綱、団七、三吉の一座、実は豊臣方の隠密一行と共に京に出て弁之助の行方を探していた。三吉が弁之助の住む小屋を見つけ出した。お孝が行って見るとすでに弁之助は何処にか立ち去った後であった。またかつて亡父憲法が無二斎に破れた雪辱を望んで弁之助に敵意を抱く吉岡伝七郎の知らせで、かけつけた美里や甚太郎も落胆した。鞍馬山の火祭りの夜、暗闇試合をお綱達と見物に行ったお孝は弁之助に再会することが出来た。お綱はお孝を通して弁之助に豊臣家への仕官をすすめたが、剣に精進する弁之助は辞退して鞍馬山に引きこもった。一方、美里、甚太郎もその夜弁之助を狙った。しかし、弁之助の武術への真情を知った美里は怒る甚太郎を制して立帰った。その頃豊臣方では仙台の伊達家に淀君の姪の珠姫を輿入れさせることにしたが、途中の徳川方の妨害を察してお孝を身代りとして先発させることにした。果して角倉等の一味に襲われた。お孝を救いにかけつけた弁之助は角倉等に捕えられて牢に入れられたが、甚太郎と美里に救い出された。乱闘の最中に吉岡伝七郎が現われて弁之助に闘いをいどんだ。伝七郎を斬った弁之助は美里やお孝に別れ江戸に向った。愚安は弁之助に武蔵の名を餞別として与えた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。