日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雪崩(1956)
ナダレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年03月22日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

「愛すればこそ」の共同脚色者の一人、山形雄策が武田敦と共同で脚本を書き、「市川馬五郎一座顛末記 浮草日記」の山本薩夫が監督、「多羅尾伴内 戦慄の七仮面」の西川庄衛が撮影を担当した。主なる出演者は「拳銃対拳銃」の岡田英次、「嫁ぐ日」の津島恵子、「彼奴を逃すな」の木村功、「警視庁物語 逃亡五分前」の南原伸二、星美智子、「続々獅子丸一平」の高千穂ひづる、「黒田騒動」の中原ひとみなど。

スタッフ

企画
堀勇雄本田延三郎
脚本
山形雄策武田敦
監督
山本薩夫
撮影
西川庄衛
音楽
芥川也寸志
美術
田辺達
照明
城田昌貞
録音
加瀬寿士

ストーリー

北海道の農村の地主結城家の長男で医学生の竜夫は召集され、入隊の前夜、青春の情熱のはけ口を日頃やさしい存在であった女中のまつよに爆発させてしまった。まつよはやがて竜夫の子を生み、竜夫の母に結城家を追われた。戦争が終り、帰還した竜夫は市の病院で働くことになった。ある日竜夫はその病院に入院して来た、いまは売春婦となったまつよを見た。竜夫の心は悔恨にさいなまれた。まつよは病が快方に向うと東京に去った。竜夫も昔の友人で弁護士の後藤を尋ねて東京に出た。竜夫はまつよに会い、彼女を救うことを誓った。北海道に帰った竜夫は妹の千鶴がすすめる通り、自分の屋敷を診療所にすることにし、病院をやめた。附近には軍事基地があり、その拡張が策されていたが、谷川二郎達土地の青年はその反対運動を起していた。まつよも竜夫の診療所に来て働くことになった。千鶴子は兄が良家の令嬢はるみと結婚することを望んでいた。まつよはそのことを知り、竜夫から結婚の意志表示を受けたにも拘らず彼のもとを飛び出してしまった。更に附近のキャバレーで働くあぐりという女が過労のうちに死んで行くのを見たまつよは、こうした女達の不幸をもたらす世の中の仕組をいきどおるのだった。この侭の状態では竜夫と結婚しても自分の幸福も掴えることは出来ない、別れよう。そして彼女は自分の生んだ竜夫の子の墓前で、この厳しい世の中を真直に力強く生きようと心に誓った。汽車に乗って村を去るまつよを竜夫はスキーにのって追った。まつよはその頃車窓から遠ざかってゆく故郷を眺めていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。