日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

色ざんげ(1956)
イロザンゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年03月21日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Confession  
上映時間
92分  

宇野千代の小説を「緋牡丹記」の共同脚色者の一人、田岡敬一が脚色し、「花真珠」の阿部豊が監督、「第8監房」の峰重義が撮影を担当した。主なる出演者は、「風船」の森雅之、北原三枝、「港の乾杯 勝利をわが手に」の天路圭子、菅井一郎、三島耕、「神阪四郎の犯罪」の高田敏江、「乳房よ永遠なれ」を監督、出演した田中絹代など。

スタッフ

製作
山本武
原作
宇野千代
脚色
田岡敬一
監督
阿部豊
撮影
峰重義
音楽
斎藤一郎
美術
木村威夫
照明
安藤真之助
録音
沼倉範夫

ストーリー

白陽会の異色画家湯浅譲二はまつ代という妻がありながら、実業家西条信光の娘つゆ子と恋し合っている。それを知ったまつ代は湯浅と離婚し、実家へ帰ってしまった。一方、信光は湯浅を嫌い、つゆ子を他の男と見合いさせようとするが、つゆ子に同情している弟二郎のはからいで、湯浅とつゆ子はバー有々亭で逢うことが出来た。その夜、二人は有々亭に働くお八重の家に泊ったが、固く誓って帰ったつゆ子から音沙汰もなかった。そのため湯浅は制作から遠ざかりへ親友の津村や楠本の心を暗くさせるのだった。その頃、信光はつゆ子をアメリカに行かせることにきめ、出発の日まで箱の伯母の別荘に預けた。二郎の知らせで湯浅は台風を衝いて箱根に向うが、高熱で倒れ、病院に担ぎ込まれた。つゆ子は翌日、羽田から発った。悶々の湯浅は、ひそかに彼を思慕する小牧高尾から紹介された井上とも子と急速に親しくなり、結婚式を挙げた。しかし、二人の新婚生活は幸福ではなかった。虚栄心の強いとも子は、湯浅の名声にあこがれていたからである。そして、もはや画壇から見捨てられた湯浅に、とも子は失望するばかりだった。とも子に白井国彦という愛人がいると知った日、湯浅はお八重の来訪を受け、つゆ子がアメリカから帰って来たと知った。つゆ子はアメリカで結婚したが、湯浅のことが忘れきれないのだ。思い出深い有々亭で湯浅はつゆ子と逢った。翌日の新聞は湯浅の情死事件を書き立てた。つゆ子は死んだが、湯浅は生き残った。見舞いに来た高尾に湯浅は「僕の心の中には、つゆ子が永遠に生きています。そのつゆ子と二人で、きっと新しい道を拓いてみせます」と更生を誓った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。