日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

高校卒業前後
コウコウソツギョウゼンゴ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年03月11日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

雑誌「キング」所載の中村八朗の小説を「姿なき一〇八部隊」の共同脚色者の一人、須崎勝弥が脚色し、「哀しき富士の白雪よ」の浜野信彦が監督、「新妻の寝ごと」の高橋通夫が撮影を担当した。主なる出演者は「薔薇の絋道館」の市川和子、「虹いくたび」の市川春代、「恋と金」の清川玉枝、鶴見丈二、梅若正義など。

スタッフ

製作
藤井朝太
企画
藤井浩明
原作
中村八朗
脚色
須崎勝弥
監督
浜野信彦
撮影
高橋通夫
音楽
斎藤一郎
美術
仲美喜雄
照明
山口信経
録音
須田武雄

ストーリー

小島房代は飛行家だった夫の死後、製図の内職をしながら京子と宗平の二人の子供を育てた。小島家に下宿する本田祐介は恋人の松本たづ子と結婚したいと思ってはいるが家がない。小島家の婆やおゆきさんはアメリカに長い間いたので英語がうまかった。もう一人の下宿人の大学生牧山純吉は卒業を前に控えて就職試験に落ちてばかりいる。楽ではない家計を知っている京子は高校だけであとは働く決心をし、ある会社の入社試験を受けるがはねられてしまう。その次の会社も駄目であった。宗平は姉にステュアデスになれとすすめるが、飛行機を嫌う母の気持を知っている京子は躊躇する。祐介から片親のない子は就職が困難だときかされた京子は絶望のあまり不良仲間と交際を始めるが、京子の身を案じる友人の岡田に諭され勇気を取り戻した。折しも純吉の就職が決定した。京子も母に内緒でステュアデスの募集に応募してみることにした。英会話をおゆきさんに習い、当日試験官の前に立つとまたしても父親のことをきかれた。京子は「何故世の中は片親のない子に職を与えようとはしないのですか」といって泣いた。試験官達は京子の言葉に感動した。やがて祐介は家を見つけたづ子と結婚するために小島家を出ることになった。その送別会の日に京子の採用通知が来た。母の気持を考えてステュアデスになるのを止めようとする京子を若者達はみんなで励ました。かげでその言葉をきいていた房代も自分の勝手な心を改めた。やがて春が来て、旅客機の中に、元気に希望をもって働く京子の姿が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。