日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白い魔魚
シロイマギョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年05月03日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Lady Was Pawn  
上映時間
103分  

朝日新聞に連載された舟橋聖一の同名の小説を、「泉」の松山善三が脚色し、「君美しく」の中村登が監督した。撮影は「駄々っ子社長」の生方敏夫。主な出演者は「女の足あと」の有馬稲子と石浜朗、「ここに幸あり (二部作)」の川喜多雄二、「青空剣法 弁天夜叉」の高峰三枝子、「続へそくり社長」の上原謙、「たぬき」の浅茅しのぶなど。色彩はイーストマン松竹カラー。

スタッフ

製作
月森仙之助
原作
舟橋聖一
脚色
松山善三
監督
中村登
撮影
生方敏夫
音楽
黛敏郎
美術
熊谷正雄
照明
田村晃雄
録音
吉田庄太郎
色彩指導
小磯良平

ストーリー

岐阜の紙問屋の娘綾瀬竜子は東京のある大学の学生であった。彼女は同級の重岡種夫に仄かな愛情を感じていた。竜子は自動車事故がもとで篠宮商事の未亡人社長紫乃を知った。亡夫が芸者雪弥に生ませた子供のことで悩む紫乃には竜子の明るさが羨ましかった。紫乃の若いツバメ吉見は竜子の学校の先輩であった。ある日、故郷の母の手紙で竜子は家が破産しかかっているのを知り急ぎ帰郷した。債権者の一人青木は家の再建を条件として竜子に結婚を申し込んだが、返事一つで破産から立ち直れるかも知れないと考えた竜子は諾否を俄にいわなかった。竜子を案じた紫乃は、吉見をつれて長良川の鵜飼見物かたがた見舞いにやって来た。一足先に金策のため上京した青木から呼ばれた竜子は、金主の殿村に会ったが交渉は物別れとなった。学生演劇に熱中する種夫は、自分が演出する劇の主役で竜子の同級生の風間三三子が不行跡の故に退学させられたので途方にくれたが、竜子を代役に仕立てることにした。竜子が青木のことを種夫に話すと、彼は「君のやり方はずるい」と怒った。竜子はやがて吉見と三三子の只ならぬ関係を知り、それとなく紫乃に注意した。一方彼女は青木の申し出をきっぱりと断った。青木は手を引き、竜子の家は破産、もともと体の悪かった父親はショックで急死した。その通知は竜子の劇の公演の日に来た。故郷に帰った竜子は兄の富夫から、まるで破産が彼女の故であるかの如くなじられた。口惜しがる竜子の前に今は吉見と別れた紫乃が種夫をつれて現われた。竜子は種夫と長良川のほとりを歩きながら明日からの奮闘を誓うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。