日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

人情馬鹿
ニンジョウバカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年04月18日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
71分  

“小説新潮”に発表されラジオ・ドラマにもなった川口松太郎の原作“人情馬鹿物語”を、「次郎物語(1955)」の清水宏(1)が脚色・監督して、人情馬鹿に徹した女を中心とする現代風俗を描いている。撮影は「高校卒業前後」の高橋通夫。主な出演者は、「柳生連也斎 秘伝月影抄」の角梨枝子、「赤線地帯」の菅原謙二、「豹の眼」の藤田佳子、「弾痕街」の三田隆など。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
中代富士男
原作
川口松太郎
脚色
清水宏
監督
清水宏
撮影
高橋通夫
音楽
米山正夫
美術
仲美喜雄
照明
柴田恒吉
録音
長谷川光雄

ストーリー

キャバレー・シルヴァースターの歌姫村田ユリの周りには彼女目あての男が何人か居たが、望みを遂げた者はなかった。建岡商会のセールスマンで、オートバイなどを売っている津川由男もその一人。母一人子一人の家庭に育った由男は、仲々の腕ききだが、許婚の芳枝をすておいてユリに夢中で、連日シルヴァースターに入り浸っては贈りものをしたりして、ユリと結婚する気でいた。その晩も、由男は無理して車を借りてユリをアバート迄送ったがユリはこうした男の心を問題にせず、鼻唄まじりに部屋へひきあげた。その頃、建岡商会では由男の使い込みがばれて、彼は警察に逮捕された。ユリも調べられて、彼など問題にしていないと言い放ったが、その言葉の裏には、由男のひたむきな求婚に対する彼女の心の動揺が潜んでいた。ユリは思い切って由男の母の許を訪れたが、母親の人情味あふれる言葉に、彼女の向っ気は完全に打ち破られた。ユリは検察庁にお百度をふみ、あらゆる手段をつくして、検事から事件解決の唯一の方策を聞くことに成功した。それは被害者から、由男の扱いになっている仮領収書を、借用証に書き換えてもらい、品物が届かなかったのを示談にしてもらうということだった。その日以来照っても降っても一軒一軒、被害者を廻って歩くユリの姿が見られた。根気と押しでユリは示談を成立させ、由男は釈放された。しかし、ユリの好意に感激して結婚しようとキャバレーに現われた由男を、ユリは素気なく追い帰した。思い切り悪く、まだアパート迄ついてきた由男をユリは閉め出し、扉の外からきこえる由男の声をよそに、鼻唄をうたいながら洋服を着換え始めた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。