日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

天国はどこだ
テンゴクハドコダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年04月23日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「君美しく」の共同脚色者の一人、瀬川昌治のオリジナル・シナリオを、「風流交番日記」の松林宗恵が監督した、暴力否定の方向に新生面を拓こうという作品。撮影は、「社長三等兵」の西垣六郎が担当した。主な出演者は「雪崩(1956)」の津島恵子、木村功、「真昼の暗黒」の加藤嘉、「大学の武勇伝」の沼田曜一、「何故彼女等はそうなったか」の田原知佐子、「びっくり捕物帖 女いれずみ百万両」の阿蘇孝子など。プロ野球・国鉄の金田、町田両選手が、特別出演している。

スタッフ

製作
星野和平
企画
本田延三郎小野沢寛
脚本
瀬川昌治
監督
松林宗恵
撮影
西垣六郎
音楽
宅孝二
美術
進藤誠吾
照明
関川次郎
録音
中井喜八郎

ストーリー

東京湾に面した貧民集落。この集落には、塚田組というヤクザの一団がいて、集落を暴力で牛耳り、住民は行動の自由さえ奪われ、牛馬のような生活をしていた。集落の施療所に赴任して来た古沢医師は、集落の実態を見て驚き、敢然と粛正に立上り、保育園の矢島昌子と一緒に、無気力な集落民の志気を鼓舞して歩いた。寝食を忘れた二人の努力が実り始めた頃塚田組の奸計で刑務所に入れられていた岡村健というヤクザが戻って来た。義侠心の強い健は、集落の実情が変らぬのを知ると再び塚田組に挑戦した。しかし、それ迄の生活体験から“暴力には暴力を”の信念を持った彼の凶暴な行動は逆効果を生み、集落民の生活はまた元に戻り、古沢医師の暴力否定の夢も空しかった。これではならぬと、健を恋する幼馴染の昌子の必死の願いで健は暴力を止め更生、塚田組の悪罵にも耐え懸命に働き、一方、古沢医師の奔走で塚田組の悪事の証拠固めが進むとともに、集落民は塚田組の暴力的使役から離れ海運会社の雇員にして貰うところまで漕ぎつけた。そうしたある日、健は塚田組の罠にかかり、振ってはならぬ暴力を振ってしまった。体面を汚すと集落民の全員は海運会社をクビになり、またも元の生活へ戻ってしまった。健を見る集落民の冷い眼、事情を知った健は怒りとともに塚田組を襲い幹部を次々と刺していった。古沢医師と昌子それに確証を握った警官隊が駈けつけた時は既に遅かった。自らを抑制できなかった健は「俺ァこんなことしか出来ねえんだ」と叫び続けるのだった。彼は再び刑務所へ、「いつまでも待つわ」という昌子の言葉を後に戻って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。