日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

剣法奥儀 秘剣 鷹の羽
ケンポウオクギヒケンタカノハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年04月04日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67分  

“オール読物”に掲載された五味康祐の剣豪小説を、「快剣士・笑いの面」の結束信二が脚色し、「鍔鳴浪人」の内出好吉が監督した。撮影は「名君剣の舞」の松井鴻。主な出演者は、「白扇 みだれ黒髪」の東千代之介と長谷川裕見子、原健策、「水戸黄門漫遊記 怪力類人猿」の月形龍之介と千原しのぶなど。

スタッフ

企画
田口直也
原作
五味康祐
脚色
結束信二
監督
内出好吉
撮影
松井鴻
音楽
小沢秀夫
美術
吉村晟
照明
岡田耕二
録音
石原貞光

ストーリー

備州池田藩の指南役市森左太夫は天覧試合の結果、日本一の折紙をつけられた。帰途、彼は京僧流の名人烏山永庵と知り合った。二人が泊った宿の主人は剣術自慢で二人に試合を申込んで来た。その際、左太夫は主人を打ちすえる永庵の太刀捌きに目をみはった。左太夫は、相手の太刀を受け、それがそのまま相手を倒す攻撃の太刀となる永庵の剣を見、その会得を志した。岡山に帰った左太夫の家に、ある日、許婚の家老の娘千春が訪れ“鷹の舞”という舞を舞ってみせた。その舞姿の中に左太夫は、己が求める剣法の奥義に似たものがあるのを感じた。それがなんであるか、彼にはよく判らなかったが、なんとかしてその姿を極めようとし、以来彼の放心が始まった。その姿は余人には狂気と見えた。召使のおきくは左太夫の身を案じ、彼の側を離れなかった。ある時、君公光政の前で荒法師是念との試合が行われた。指南役として出場した左太夫は是念を十分圧倒したが、決して打ちこまず、他処目には彼が敗れたと見えた。浪々の身となった左太夫は“斬らずして斬る”剣法の会得修業に全身を打ちこんだ。おきくの献身のうちに二年の月日が流れ、ある雪の日、遂に左太夫は奥義を会得した。やがて永庵に伴われて再び光政の前に出た左太夫は今は彼に代って指南役となっている瀬川玄之助と試合をした。玄之助の希望により試合は真剣で行われた。玄之助の打ちこむ太刀を左太夫は受けた。玄之助は体を引いて刀をふりあげたがそのままの姿勢で倒れた。斬らずして斬る剣の妙技に人々は感嘆した。左太夫は空を見つめて只一言「鷹の羽」と呟いた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。