日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

チエミの婦人靴
チエミノハイヒール

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年04月25日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
49分  

石坂洋次郎の原作を「白い魔魚」の松山善三が脚色、「青い芽」のコンビ鈴木英夫と山崎一雄が、それぞれ監督、撮影を担当した青春もの。主な出演者は「チエミの初恋チャッチャ娘」の江利チエミ、「続へそくり社長」の井上大助、「女房族は訴える」の江原達怡、「暗黒街」の青山京子、「続イカサマ紳士録 おとぼけ放射能」の中村是好、「驟雨」の出雲八重子など。

スタッフ

製作
藤本真澄
原作
石坂洋次郎
脚色
松山善三
監督
鈴木英夫
撮影
山崎一雄
音楽
服部良一
美術
村木与四郎
照明
大沼正喜
録音
三上長七郎

ストーリー

「僕は靴造り、ハイヒールが得意、チエミファンの僕に御文通を……」という、靴つくりの又吉の投書が雑誌に載って間もなく、早川美代子という娘から彼の許に「私もチエミの大ファン、お互いに励まし合いながら若い日を生きて行きましょう」という手紙が舞いこんできた。ボロ靴の修理ばかりやっている又吉は大喜び。屋根裏部屋で彼女宛の手紙を書きながら、美代子と会う日を空想していた。やがて美代子は、又吉にぜひ一度会いたいと言ってきた。又吉は親友三ちゃんやトンちゃんに励まされ、ある日、彼女と感激の対面をした。驚いたことに美代子はチエミと瓜二つ。再会を約して別れる頃には、二人共すっかり意気投合してしまった。又吉は造ったこともないハイヒールを彼女に造れるといった手前、美代子にハイヒールをプレゼントしようと決心、翌日から仕事に没頭した。次の日曜日、又吉の贈った赤いハイヒールを美代子は大変喜んだ。ところが、その日から美代子の文通がプツリと途絶え、又吉の落胆はひどかった。或る日、彼女から又吉のハイヒールで足をくじいて寝ていたとの手紙が来た。元気をとり戻した又吉は、親方に暇をもらい美代子の家に飛んでいった。松葉杖をひいて出て来た美代子は自分の家は貧乏で兄は不良、自分は女工という身分をかくしていたことや、又吉の投書を見て、ハイヒールをプレゼントしてもらえるかも知れない、と思って文通したことを打明けた。「今の私は、あなたに嘘をつきたくない」という美代子に、又吉も自分のウソを打明け、彼女を疑ったことを謝った。「私達、もう一生、嘘をつくのを止しましょう」という美代子の言葉に又吉は力強く頷いた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。