日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新婚日記 嬉しい朝
シンコンニッキウレシイアサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年05月11日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
44分  

一四四号掲載「新婚日記 恥しい夢」の続篇。スタッフ・キャストは大体前篇と同様であるが、脚本は笠原良三と高橋二三の共同担当。配役に「夕やけ雲」の東野英治郎、「残菊物語(1956)」の見明凡太朗などの追加がある。

スタッフ

ストーリー

新婚当時は、外遊している恩師白木先生邸の留守番をしていた三郎と千枝子も、今は隣家の二宮雪江の二階で間借り生活。しかし千枝子は最近、新婚当時居候に来た女学生ユリ子の寄宿舎で調理士をやり家計を補っていた。だが、その日、舎監の矢部先生にPTA推せんの調理士が決まったから辞めてくれと言われガッカリした。エリ子も半ベソになって抗議したがどうにもならず、事情を聞いた三郎は翌日、課長に残業を頼みこんだ。三郎は或る日、近所に住む月賦販売屋の北島から洋服箪笥を買ってしまったが、喜ぶと思った千枝子は、無駄使いをするなと三郎をきめつけた。喧嘩の最中三郎に会社からだといって女の人から電話。出かけようとする三郎を千枝子が思わずどなると、三郎は彼女を殴りつけた。一部始終をみたエリ子は泣きながら階段を駈け降りていった。一夜あけて、二人は完全に仲直りをしていた。千枝子は矢部先生に頼んで、寄宿舎でもう一度働くことになったが、こんどは炊事婦。三郎には内証だが彼の方も残業に精出すようになり、二人は顔を合せることが、ほとんどなくなってしまった。ある日、家の近くで電線工夫の仕事をしていた三郎は、上京した父伝之助を愕然とさせた。その足で、こんどは千枝子の働いている寄宿舎を訪れた伝之助は、炊事婦姿の千枝子を見、いやがる彼女を引っ張って二宮家へ戻った。伝之助は、そこで二人の前に両手をつき「お前たちが仲よく隠しごとで助け合っているのが嬉しい」と喜んだ。二人に当てられヒステリー気味だった雪枝も知り合いの山形と結婚し、新婚家庭の一騒動も、めでたく一段落した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。