日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

剣法奥儀 二刀流雪柳
ケンポウオウギニトウリュウユキヤナギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年05月18日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
58分  

雑誌“オール読物”所載の五味康祐の原作『剣法奥儀・知心流雪柳』を「無敵の空手! チョップ先生」の結束信二が脚色、「若さま侍捕物帳 地獄の皿屋敷 べらんめえ活人剣」の深田金之助が監督した“剣豪シリーズ”の第二作である。撮影は「続源義経」の吉田貞次。主な出演者は「快剣士・笑いの面」の伏見扇太郎、岡譲司、「悲恋 おかる勘平」の千原しのぶ、「剣豪二刀流」の荒木忍、「父子鷹」の高松錦之助、加賀邦男、楠本健二など。

スタッフ

企画
田口直也
原作
五味康祐
脚色
結束信二
監督
深田金之助
撮影
吉田貞次
音楽
小沢秀夫
美術
鈴木孝俊
照明
中山治雄
録音
東城絹児郎

ストーリー

膳所藩の剣道指南役志賀十兵衛の一人娘梨香は、その美貌とともに大小二刀を使う知心流の秘剣「雪柳」をもって名を唱われていた。家老の脇月主膳は、同職の上原主人正との勢力争いに梨香を利用、その腕で上原の推挙した武芸者を惨敗させた。上原の用人高浜は激怒する主人の不興を柔げるため八方に著名な武芸者を求めたが、白羽の矢は阿波の国の郷士中島清五兵衛の一子、十八歳の宗吉に立った。有馬流の流れを汲む宗吉の剣は気違い剣法と呼ばれるほど鋭かった。高浜の請いを受け宗吉は引止める恋人おせいを残して旅立った。試合当日、梨香と未知の宗吉の対決に膳所藩は沸き立ったが、その結果は梨香の敗北に終った。敗れた梨香に脇月の眼は冷く、その上脇月の子甚四郎の求婚を断ったとあっては……。失意の梨香をある日、宗吉が訪れた。宗吉は、過日の試合で、梨香の大剣が上原の計略で築山から射られた矢をはね返すために敗れたことを知り、精妙な「雪柳」の秘技を教えてくれと乞うのだった。以来真意に打たれた梨香と宗吉の修業が続けられたが、二人の間を嫉妬した甚四郎は、宗吉の留守に上意と称し十兵衛と素手の梨香を斬った。それから二年、乞食のような姿の宗吉が荒れ果てた志賀道場に現われた。駈けつけた甚四郎の前に、一本の柳の枝を握った宗吉が立っていた。一斉に斬込む四人の相手を風のようにかわした宗吉の手に、いつの間にか大小二刀の剣が光り、一瞬にして甚四郎らは倒れた。「梨香殿、雪柳の太刀、これで宜しかろうか……」宗吉の眼からは涙が溢れ、高浜に連れられたおせいを伴い、そのまま、故郷阿波の国へと立ち去って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。