日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

流離の岸
ルリノキシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月21日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

愛情に裏切られつつも、宿命に生き抜く女の姿を描いた太田洋子原作“流離の岸”を、「銀心中」の新藤兼人が脚色、自ら監督する。撮影は「死の十字路」の伊藤武夫。主な出演者は「色ざんげ(1956)」の北原三枝、「銀心中」の乙羽信子、「死の十字路」の三國連太郎、「東京の人」の金子信雄、「乙女心の十三夜」の菅井一郎、「志津野一平 浴槽の死美人」の殿山泰司など。

スタッフ

製作
山田典吾絲屋寿雄
原作
太田洋子
脚色
新藤兼人
監督
新藤兼人
撮影
伊藤武夫
音楽
伊福部昭
美術
丸茂孝
照明
安藤真之助
録音
中村敏夫

ストーリー

千穂の母萩代は、千穂と祖母の宇多を残し高倉家の後添いに入り一年後、千穂も引取った。千穂の新しい父高倉には一人息子明吉があった。十年近い歳月が流れ千穂は高校生になった。学校で級友の聖子から、兄竜吉を紹介すると誘われた。聖子の父は病院を営み、竜吉も医者の卵。聖子は兄を盛んに賞めるが、千穂は無関心。誘いを断るが、翌朝、急に指が痛み出し止むなく深瀬病院へ駈込んだ。あいにく竜吉しかいなく、その治療を受けたのがきっかけで、千穂は竜吉の清純な心を知り、彼の愛情を素直に受入れるようになった。夏休みが終り、二人の結婚は母の萩代にも黙認され、やがてささやかな新居を構えることが出来た。と、ある日、竜吉の勤め先の県立病院に盈子が現れた。彼女は竜吉の妻で、子供までありながら竜吉は勝手に盈子を置いて逃出し離婚手続をしていたのだった。狼狽した竜吉は、足取りも重く帰宅し千穂に顛末を告白する。怒り立った千穂は高倉家に戻ってしまった。ある雨の夜、竜吉が迎えに来た。「東京へ行こう」と言う竜吉に「行くわ!何処へでも」と千穂は涙と共に竜吉の頬を打つのだった。「盈子さんに会って行きなさい」という萩代の言葉を後に二人は出発した。盈子の町の駅を通ったとき千穂は立上った。「奥さんに会うんです」と次の駅で千穂は飛降り竜吉も後を追って盈子の家に来た。千穂は盈子の手をとって「別れちゃだめ!貴女の為に!子供の為に!わたしのようになる、わたしの母のように!」と叫ぶや表へ駈出して行った。涙も涸れ、足も疲れ、素足の千穂は放心したように、朝日輝く海辺を彷っていた。「お母さん、お母さん……」とつぶやきながら。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。