日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

怪盗鼠小僧 祭に消えた男
マツリニキエタオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月22日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
59分  

鼠小僧次郎吉を主人公とする時代娯楽篇。「浪人吹雪」の永江勇と「顔のない男」の森田竜男が共同で脚本を執筆し、「浪人吹雪」の倉橋良介が監督した。撮影は「たぬき」の服部幹夫。主な出演者は「旅がらす伊太郎」の北上弥太朗、「女難屋敷」の紙京子、雪代敬子、「次男坊故郷へ行く」の三井弘次、他に若杉英二など。

スタッフ

製作
市川哲夫小糸章
脚本
永江勇森田竜男
監督
倉橋良介
撮影
服部幹夫
音楽
池田正義
美術
桑野春英
照明
山本行雄
録音
川北武夫

ストーリー

江戸の侠盗鼡小僧次郎吉は上方に潜んで一年、飴屋に姿を変えて堺の港町に現われたが、薬売りに化けて彼を追う江戸の目明し明神の丑松と、お互の身分も知らず近づきになり、舟宿万字屋で盃をくみ交した。宿の女将おちせは元柳橋の芸者で、今は廻船問屋紀伊屋藤左衛門に落籍された身の上だが、彼が土地の親分竜神の辰五郎と手を組み、よからぬ仕事をしていることに不安を感じていた。悪棘な辰五郎はその夜、入江の倉庫で藤左衛門を斬殺した。そこに通り掛った次郎吉と丑松は竜神一家のならず者に襲われ、次郎吉は傷ついた丑松をおちせの許で介抱する折、懐中の十手を見て愕然とした。堺の年中行事である夜市祭の当日、次郎吉は竜神一家に因縁をつけられた旅芸人お菊と宗太郎姉弟の難儀を救い、その男らしさに慕かれたおちせと茶店で語り合う。だがそこへ現われた丑松から“鼡”がこの地にいるらしいと聞き、おちせが鼡小僧の押入りで財産を傾けて自殺した豪商の娘のなれの果てと知った次郎吉はその場に居たたまれず外に飛び出した。その夜、入江の倉庫には辰五郎の手によって秘かに御禁制の品が運び込まれていた。丑松から、お菊姉弟が鼡をおびき出す囮に、辰五郎に誘拐されたと聞いた次郎吉は一先ず万字屋へ戻るが、その様子から、おちせは次郎吉の正体を知って驚く。大阪奉行本多帯刀の尋問で、おちせは遂に次郎吉の身分を明かし、竜神一家から姉弟を救い出した次郎吉は御用提灯の波に取り巻かれた。辰五郎を始め竜神一家の面々や、一味に協力していた悪同心大場甚内は一網打尽となったが、次郎吉は重囲を脱して万字屋に戻って来た。鼡を売ったことを悔いるおちせを尻目に、次郎吉の前に立ち塞った丑松は「鼡が他国の役人に捕まる法はねえが、江戸ではきっと捕まえるぜ」と意外な言を吐いた。やがて次郎吉は夜明けの港を、涙で見送るおちせの姿を後に、舟で去って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。