日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

現代の欲望
ゲンダイノヨクボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年06月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
121分  

“現代の欲望”である金を求めてあがき廻るアプン青年の行動を通じて、現代社会の狂躁ぶりを描こうという野心篇。「不良少年(1956)」の共同脚色者の一人菊島隆三のオリジナルを「朝霧(1955)」の丸山誠治が監督した。撮影は「青い芽」の山崎一雄。主な出演者は「お嬢さん登場」の池部良、「青い芽」の司葉子、「森繁よ何処へ行く」の淡路恵子、「無法者の島」の青山京子、「不良少年(1956)」の久保明、「茶の間の時計 愛情の波紋」の三津田健など。

スタッフ

製作
佐藤一郎
脚本
菊島隆三
監督
丸山誠治
撮影
山崎一雄
音楽
飯田信夫
美術
北猛夫清水喜代志
照明
森茂
録音
保坂有明

ストーリー

大東京の白昼、丸の内ビル街で飯塚メリヤス工業の社長飯塚公平が投身自殺を遂げた。新聞記者のカンは、同じビル街にある谷川商事に目を付けた。谷川商事の社長谷川宏は異状なほど金銭慾にとりつかれた行動的戦後派青年で、東洋銀行江戸川支店長と結託しての闇金融を最大の仕事として法の網をくぐっていた。彼の高利からする中小企業の哀れな犠牲者の一人が飯塚公平だったのだ。谷川は大実業家をパトロンに持つバー・リラのマダム美沙子を情婦にし、また侍合銀月の女将しづ江を商談や饗応に利用していた。彼にとって女は、生活の道具でしかなかった。谷川は昭和士地の株を三星証券を通じて買いこんでいたが社長に会いに行った折、社長秘書の飯塚せつ子に逢い、彼女が自殺した公平の娘だと知る。良心に責められた谷川は就職難に悩むせつ子の弟新一を、三星証券の重役に大金を呈して就職させ、なにかと姉弟の面倒を見た。二人は誠実な谷川に感謝し、せつ子も彼を愛し始めた。谷川は良心に責められながら結婚を真剣に考えていたが、ある日せつ子の家を訪れ総てを告白した。彼を許そうとしない一家に落胆した谷川は、田舎から上京した両親を愛情を以って迎えたが彼等の上京の目的は兄の選挙資金の無心だった。久方ぶりに訪ねて来た学校友達三神も、目当ては谷川の持つ金だった。総てを信用できなくなった彼は昭和土地乗っ取りにファイトを燃やしたが、社長灘波大二郎の画策で水泡に帰し、総てを差押えられて無一文となった。先に闇ブロー力ーに二百万円を浮貸しして持逃げされ、失敗の原因を作った社員山西をも咎めず谷川は敗残の身で故郷に向う。だが彼は、故郷の土を踏む前、再び闘争心に燃え、一介の闇ブローカーとして新しいスタートに就いた。山西の告白から彼の真情を知ったせつ子は、改めて谷川の後を追った。だが谷川は彼女の願いをしりぞけ、夕闇のビルの谷間に一人消えて行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。