日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

逢いぞめ笠
アイゾメガサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年09月05日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

颯爽とした男の心意気にしみじみとした情愛をからませた股旅もの。脚本比佐芳武「三っ首塔」監督加戸敏「怪猫五十三次」撮影武田千吉郎「花頭巾」というスタッフ。主な出演者は「銭形平次捕物控 人肌蜘蛛」の長谷川一夫、「滝の白糸(1956)」の近藤美恵子、「続へそくり社長」の越路吹雪、「無法者の島」の角梨枝子、「母を求める子ら」の三益愛子、他に杉山昌三九、浅尾奥山、沢村宗之助など。

スタッフ

製作
武田一義
企画
奥田久司
脚本
比佐芳武
監督
加戸敏
撮影
武田千吉郎
音楽
飯田三郎
美術
太田誠一
照明
中岡源権
録音
奥村雅弘

ストーリー

信州中津川の旧家戸田屋宗兵衛の一人娘おみよと恋に落ちた藤太郎。子まで宿したのをやくざの義理から心を鬼に旅に出る。そして五年ぶりに戻った信州追分の宿。土地の親分石山の常吉の喧嘩に手をかし草鞋をはくが後を追うのが常吉の女房おれん。茶屋女おきみをなびかせようとしていた常吉は慌てて二人を追うが藤太郎は唯一人。常吉はおれんを連れ戻し藤太郎との仲を責めるがおれんは反撥。一方、常吉の手からおきみを救う藤太郎。道連れにという彼女を振り切るが相川の治太郎親分の娘おことに逢い、おみよと瓜二つに驚く。むつまじげな二人を妬むのは治太郎の子分新二郎。やがて藤太郎を引渡せと常吉の念達。だが治太郎は使いを追い返し藤太郎は草鞋をはく。後にはおことの淋しげな顔。街道で女の子おふじに会った藤太郎は母に死なれて一人旅との話に我子を考え、目指す落合宿するが屋へ同行。常吉は腹いせに治太郎をだまし討ち、罪を藤太郎に被せ追手を向けるがおことは藤太郎に会い真疑をただす。そのおことの顔を見たおふじの「母ちゃん」という声に藤太郎は胸をつかれる。彼はおふじを伴い落合宿へ。するが屋太左街門は宗兵衛の義弟。彼が取出すおみよの手紙でおふじはその子と判り藤太郎は中津川へ早駈け。藤太郎と名乗らぬまま宗兵衛夫婦におふじを托し追手の前に立塞がる。治太郎を斬った常吉の用心棒菱川始め悪人共を倒した彼は、おことに再会を約し、堅気の修行に出た。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。