日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

飯沢匡作「二号」より ある女の場合
イイザワタダシサクニゴウヨリアルオンナノバアイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年08月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
107分  

おじいさんの死と共に忽然と現われた二号さん!家名にこだわる親たちと、恋とスポーツに熱中する孫たち、異なる二つの世代を諷刺と笑いで描く明朗篇。飯沢匡の“二号さん”から「ロマンス娘」の井手俊郎が脚色、「森繁よ何処へ行く」に次く瑞穂春海東宝第一回作品。撮影担当は「新婚第一課」の玉井正夫。主な出演者は「花の兄弟(1956)」の木暮実千代、「好人物の夫婦」の東郷晴子、「森繁よ何処へ行く」の杉葉子、若原雅夫、「はりきり社長」の司葉子、「新婚第一課」の小林桂樹、「東京の人さようなら」の山田真二、その他村瀬幸子、中北千枝子、宮口精二、田中春男、村上冬樹、柳永二郎、東山千栄子など映画、演劇界のベテランが競演する。

スタッフ

製作
宇佐美仁金子正且
原作
飯沢匡
脚色
井手俊郎
監督
瑞穂春海
撮影
玉井正夫
音楽
斎藤一郎
美術
河東安英
照明
石井長四郎
録音
坂井長七郎

ストーリー

橋場大三郎は大臣を三回もつとめたが、戦後は追放に会い不遇のうちに長女久松照子の家で急逝した。妻の夏子は永いこと病床にあった。大三郎には一男四女があり、四人の娘はそれぞれ相当の家に嫁ぎ、長男は独身で久本家の世話になっていた。お通夜には多数の政界関係の弔門客がつめかけ、五人の姉妹と九人の孫さらに三人の曽孫まで集って久本家はごった返していた。その夜夏子の弟で故人の秘書をしていた富田は親族会議を開き、五人の子供と配偶者の集った席上、富田は故人に二号と娘光子がおり、葬儀に参列したいといっていると発表した。その女は御園とく、元芸者で、今では熱海にホテルを経営し、かえって橋場家に仕送りしていた。カソリックの照子が真先に反対したが葬儀費用の百万円もとくが出すというので、会議の空気は一変し、母がよければという事になった。翌日孫達もこれを知ったが、若い者にはショックではなかった。次女鈴子の娘和子は久本家の長男信男を慕っていたが、近頃冷たくなったのを悲観してその夜自殺未遂まで起した。信男の恋人は光子だった。信男は神父に頼んで、御園母子の参列を承知するよう母を説得して貰った。当日、母子は光子の婚約者細川を伴い参列したが光子は式の途中卒倒した。信男はスケートの決勝も棄権して光子に附き添った。本家とも近づきになり、光子の結婚も極って上機嫌のとくを或る日夏子が訪ねた。そして形見の短刀を貰って感激した。いつまでも冷たい光子に憤慨していた細川は、海岸を信男と歩く彼女をみつけた。とくは帰って来た二人につめよったが、光子は意外にも好きな人と結婚するという。その相手とはホテルの電機係三吉だった。二人が抱き合うとき、とくはただ泣きくずれていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。