日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

海の百万石
ウミノヒャクマンゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年09月11日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
102分  

徳川後期、台頭する町民の代表者、銭屋五兵衛の不撓不屈の半生を描いた“東京新聞”連載舟橋聖一原作の映画化。脚色は「無敵の空手! チョップ先生」の舟橋和郎、監督は「満月あばれ笠」の内出好吉、撮影は「怪談千鳥ケ淵」の三木滋人、出演は「野郎ども 表へ出ろ」の片岡千恵蔵、「復讐侠艶録」の大川橋蔵、「勤王? 佐幕? 女人曼陀羅 (二部作)」の花柳小菊、「髑髏銭(1956)」の三浦光子、長谷川裕見子、「大学の石松 ぐれん隊征伐 太陽族に挑戦す (二部作)」の千原しのぶ、その他進藤英太郎、薄田研二など。

スタッフ

企画
玉木潤一郎
原作
舟橋聖一
脚色
舟橋和郎
監督
内出好吉
撮影
三木滋人
音楽
高橋半
美術
塚本隆治
照明
田中憲次
録音
東城絹児郎

ストーリー

徳川後期、加賀百万石前田藩内の質商銭屋五兵衛は、海外貿易に野望を抱き、家人を説き伏せ廻船業に転業した。やがて扇子屋のおまさと一緒になった。隠密総元締として横暴を極める大原はおまさを強く所望していただけに五兵衛への憎しみは大きかった。又この結婚の陰には五兵衛を秘かに愛す女中おきねもいた。五兵衛の仕事は着々と運び、それを羨望する大原は、折あらば五兵衛を陥入れようと奸策を練る。五兵衛の子要蔵と遊んでいた子どもがあやまって死んだ事から、大原はその子の母お才に銭屋の密貿易の証拠を探るよう命じた。五兵衛はおきねの嫁入りを心配したが、おきねはかたくなに断りつづけた。その気持を五兵衛は知るよしもなかった。文政八年、外国船打払令が発布、当然銭屋も問題となった。長大隅、大原らの反対にも拘らず、銭屋援助の奥村丹後守の主張が通り、彼が藩の執権となるに及び、五兵衛は永代お船切手まで拝領し藩の財政立直しにも尽力した。また、蘭学者大野弁吉に学ぶ要蔵の提言で、不漁の地河北潟を埋め立て、住民の厚生を計ろうとした。要蔵はしじみ売りの小女おてつを知り、力を貸そうと約束した。河北潟視察の途中、お才の短筒に奥村の愛妾お扇は重傷を負い、更に下賜品と偽った毒饅頭に奥村は毒殺され、執権に返り咲いた長の圧迫は強まった。河北潟に毒が投ぜられ、毒死した魚を売り捌いた者があったため、死者が出た。大原はその科で五兵衛を獄に投じた。食物に毒があるから絶食するようにとの獄医の言を信じた五兵衛は日に日に衰弱して行った。父救済に奔走する要蔵は、秘密防止のため大原に斬られたお才を救い、大原一味の罪状を知った。上意により、一味は捕縛。だが時既に遅く、日本の海を手中に収め、海の百万石とまでいわれた銭屋五兵衛は、その波乱の生涯をとじた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。