日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不知火奉行
シラヌイブギョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年09月19日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

快盗不知火をめぐる恋と剣の復讐時代篇。“小説倶楽部”連載の横溝正史の原作から「逢いぞめ笠」の比佐芳武が脚色、「花の兄弟(1956)」の三隅研次が監督、「あなたも私もお年頃」の本多省三が撮影を担当する。主な出演は「折鶴七変化 (前後編)」の勝新太郎、「弥次喜多道中」の林成年、「怪猫五十三次」の三田登喜子、新人浦路洋子、その他、進藤英太郎、浜世津子、伊沢一郎、市川小太夫など。

スタッフ

製作
武田一義
企画
財前定生
原作
横溝正史
構成
比佐芳武
脚色
村松道平
監督
三隅研次
撮影
本多省三
音楽
大久保徳二郎
美術
神田孝一郎
照明
伊藤貞一
録音
海原幸夫

ストーリー

日本橋金座の御金改め役後藤庄三郎は、地位乗取りを狙う弟三右衛門の奸計で死罪、息子菊若も所払いになる。数年後、菊若は父の無実を証拠立てようと江戸へ潜入。だが三兵衛門の手代五兵衛が惨殺された現場に居たため、捕吏に追われ、隅田川で危地に陥る。彼を救ったのは町奉行の御曹子筑紫源三郎。俳諧師の十風や馴染芸者の小雪と風流に日を送る身の上だが、曰くありげな菊若に助力を決意。一方三右衛門は一味の悪旗本吉岡大膳や配下の伝内と対策を協議、兄の手代宗右衛門の娘萩絵を座敷牢に入れる。萩絵の母お松は夫が島送りの後、無理強いに三右衛門の妾にされたのだが彼の悪事を知って香合へその秘密を記し、蓋を菊若へ、実を萩絵へ託して死んだ。菊若が江戸へ来たのも、萩絵に連絡するためだったのだ。萩絵の座敷牢を訪れた三右衛門の前に現われたのは、当時江戸を騒がす義侠の怪人“不知火”。彼は萩絵を激励し姿を消す。その後、小雪を狙う大膳が酒宴する大栄楼で一味の九郎次が不知火の手にかかる。盗んだ鑑札で後藤屋敷の様子を探ろうとした十風は一味の与力若月平馬の注進で捕まる。だが彼の正体は大盗かまいたち、改心して源三郎に仕える身。深夜縄抜けで萩絵から香合の実を受取り、源三郎に持参。一つになった香合の歌から、三右衛門の横領した黄金は根岸の寮にと判明。萩絵を救おうとした不知火は三右衛門の計りで火中に姿を没し、悪人一味は萩絵と小雪に迫る。間一髪、現われた不知火、覆面をとれば源三郎の姿。三右衛門が悪事の証拠消滅のため大膳にとり入り、発覚を恐れて殺した五兵衛の許に菊若を誘い出し、罪を被せようとした次第を暴露。九郎次殺しも不知火に扮した伝内の仕業。捕手の乱入で一味は滅び、江戸を去る菊若と萩絵を見送る源三郎、小雪は満足気に微笑んでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。