日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

裸足の青春(1956)
ハダシノセイシュン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年10月16日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
98分  

大自然を背景に、イーストマンカラー総天然色で描く素朴なラブ・ロマンス。火野葦平原作“銀三十枚”より「鶴八鶴次郎」の井手雅人が脚色、「不良少年(1956)」の谷口千吉が監督する。撮影担当は「好人物の夫婦」の山田一夫。主な出演者は「ロマンス娘」の宝田明、「好人物の夫婦」の青山京子、「夜の河」の上原謙、「女囚と共に」の谷洋子、久し振りの尾上九朗右衛門、その他仲代達矢、河内桃子、沢村貞子、小杉義男、谷洋子の夫君でフランス映画俳優ローラン・ルザッフルなど。

スタッフ

製作
田中友幸
原作
火野葦平
脚色
井手雅人
監督
谷口千吉
撮影
山田一夫
音楽
渡辺浦人
美術
小川一男
照明
金子光男
録音
小沼渡

ストーリー

その昔、キリシタン信徒が迫害から隠れ住んだ九十九島にいわしの漁期が夏と共にやって来た。その一つ、虹の島ではカトリックの黒村と仏教の白村が今なお激しく対立。両親亡き後、弟五郎と二人暮しの黒村の貧乏漁師青年松谷三吉が、白村の網元新兵衛の一人娘キクエと密会中、捕まったことから対立は遂に爆発。若い衆の乱闘は駐在の三松巡査も投石で気絶する程。以後、両村は一層警戒を固め、三吉は竹内神父からキクエと絶交を言い渡される。一方キクエも白村の腕きき青年和田雄次と結婚を迫られるが、愛し合う二人は五郎の手びきで尚も人目を忍び会い続ける。三吉は今度のいわし漁で始めて船頭頭として腕前を示し、キクエの父に再考させたい。ある日、黒村の大蔵の娘でストリッパーのマリ子が東京から戻る。三吉を心秘かに愛する彼女はキクエとの仲を知り口惜しがる。竹内神父は三吉の熱意に打たれ、犬猿の仲の新兵衛を訪ねたが敵意を新たにしただけ。遂に三吉は単身、新兵衛を訪れ必死に説くが彼はあく迄も頑な。だが妻お松の抗議に今度は新兵衛が神父を訪ねるが又もや喧嘩別れである。三吉は遂に雄次に宣戦、全島声援の中に二人は殴り合いを開始。だが折から視察に来た司教と警察署長の計らいで同点の時引き分け、真の勝負はいわし漁で決することになる。しかし凱歌は雄次の舟に上り、三吉は島を出ようと決意、夜にまぎれて舟を出す処に、意外にもマリ子の知らせで、一緒にとキクエが来る。その夜は嵐、二人を失った島では唯々無事を祈るばかり。そこに恋人の願いで、島の祝福を受けてこそ本当に幸せと海中にとび込み帰島した三吉がキクエを抱いて立つ。後はキクエの回復を待つだけ。雄次の音頭取りで全島は若い二人に祝福を送り今は和解。雄次もマリ子と、やがて結ばれることであろう。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。