日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ふり袖捕物帖 若衆変化
フリソデトリモノチョウワカシュウヘンゲフリソデトリモノチョウワカシュウヘンカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年11月07日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「ふり袖太平記」に次いで、ひばり・橋蔵のコンビで描く娯楽時代劇。“小説の泉”連載瀬戸口寅雄原作の“大江戸女地獄”より「マリヤ観音 (前後篇)」の鈴木兵吾が脚色、「日輪太郎」の松村昌治が監督、「復讐侠艶録」の松井鴻が撮影を担当する。主な出演者はひばり、橋蔵のほか「ふり袖太平記」の浦里はるみ、堺駿二、「やくざ大名」の原健策、「髑髏銭(1956)」の川田晴久、その他神田隆、香川良介など。

スタッフ

企画
福島通人
原作
瀬戸口寅雄
脚色
鈴木兵吾
監督
松村昌治
撮影
松井鴻
音楽
船村徹
美術
吉村晟
照明
福田晃市
録音
墨関治

ストーリー

平和な江戸の町に、突然女さらいの怪事件が続出する。しかも今迄にさらわれたのは評判の小町娘ばかり十四人。八丁堀の目明し総動員にも、全く正体が掴めない。そして今日も、江戸一番の呉服屋松葉屋清兵衛の一人娘お花が踊りの稽古の帰途、師匠喜代文共々誘拐される。代稽古を勤めるおてんば娘お七は稽古に通って来る川島源次郎に犯人追求を頼むがヘッポコ侍で全然役に立たない。そこでお七自ら、馴染のとんま目明し、早耳の五郎八と乗り出すことになる。そこに起きた怪事件、今度は女の怪死体。だが、女だてらに下っ引姿で聞き込みに歩き廻るお七は、ある夜、黒覆面の浪人達に襲われるが、風のように現われた白頭巾の侍に救い出される。以後、お七の脳裏には白頭巾の姿が焼きつけられる。ある日、お七の許に「手出しをするな」と女さらい一味から脅迫状。弱虫の源次郎は話にならず、お七は又々五郎八と薬売りに変装し飛び出す。だが、ふとしたことで悪商人長崎屋金八の別邸に入り込み、異様な洋館ホールに集う日本娘と異人達を目撃。屋敷の侍に追われるが又もや白頭巾に救われる。話変って江戸城中、阿部伊勢守が内々で外国人達を遊廓で遊ばせているらしい外国奉行山田周防守に釘をさして邸に戻ると、ヤンチャな妹の妙姫が半年ぶりに帰っている。この妙姫、実はお七の真の姿。だが又もや逃げ出し今度は小姓姿で周防守の邸に住込み、通訳をしながら様子を探るうち五郎八と話している処を一味の真鍋新八郎に見付かり、遂に秘密の地下牢へ。そこには娘達が外国へ売られる日を待っている。果して犯人は周防守、金八、新八郎の一味。お七はお祭り騒ぎの際、余興に駆り出されたのを幸い。兄の許から持出したピストルで一味に立向うが既に危い時、白頭巾の出現。頭巾を取れば川島源次郎である。折柄、伊勢守指揮の捕方も乱入、一味はここに縛に就く。身分を明したお七こと妙姫は源次郎こそ爺や十内の息子寺尾源次郎で、兄から監視役につけられたものと知った。お手柄の褒美にと町に留ったお七と源次郎は以前にも増して仲が好い。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。