日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

朱鞘罷り通る
シュザヤマカリトオル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年11月20日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「やくざ大名」につぐ市川右太衛門主演の“此村大吉”物語。故山中貞雄の名作より久方ぶりの三村伸太郎が脚色、「忍術快男児」の河野寿一が監督、「やくざ大名」の伊藤武夫が撮影を担当する。主な出演者は、右太衛門をめぐって「ふり袖捕物帖 若衆変化」の大川橋蔵、「やくざ大名」の花柳小菊、千原しのぶ、「鞍馬天狗 白馬の密使」の喜多川千鶴、「ふり袖捕物帖 若衆変化」の浦里はるみ、他に進藤英太郎、薄田研二など。

スタッフ

企画
大森康正
原作
山中貞雄
脚色
三村伸太郎
監督
河野寿一
撮影
伊藤武夫
音楽
西梧郎
美術
塚本隆治
照明
山根秀一
録音
東城絹児郎

ストーリー

泰平の世が続き、かつての精鋭旗本八万騎も、今は無用の長物視。世をすねた無頼の旗本が巷に溢れていた。その一人此村大吉は情婦小えんの情に溺れ自慢の朱鞘を一枚看板に放埒の日を送っていた。色事師を以て任ずる大吉はある日、武家風の美女に一杯喰わされた。旗本松平帯刀の用心棒を勤める仲間の甚兵衛から、例の女が一杯喰わせたのは帯刀の差金だと聞いた大吉は、早速甚兵衛と計って松平家に乗込み十八番の強請で二百両を巻上げた。帯刀は執心の小えんを大吉に奪われたことから激しく大吉を憎んでいた。その頃、市村座の人気役者中村仲蔵は仮名手本忠臣蔵の定九郎役をふられ趣好に苦労していた。仲蔵を励ます相愛の料亭の女将おみつには両国の顔役大五郎がつきまとっていた。妙見様に芸の工夫を願かけする仲蔵を易者妙見堂も励ますが、彼は幼い仲蔵を捨てた実の父であった。一方、帯刀は甚兵衛が大吉と共謀だったと知り激怒、報復を計っていたが、その邸へ乗込んだのが甚兵衛。彼は大吉から貰った金を使い果し強請に乗込んだのだが忽ち殺された。甚兵衛の身を案じ大吉は帯刀の邸へ向ったが風を巻くようにして行く彼の姿をふと見たのが仲蔵。大吉の姿に彼は定九郎役への暗示を得た。初日の市村座は山崎街道の定九郎で凄い人気。黒紋付に朱鞘の定九郎、それは大吉の姿にそっくり。評判にヘソを曲げた大吉は市村座に乗込んだが、妙見堂の親心に気を変え逆に仲蔵を励ました。やがて大吉は父の死とお家改易を知らされた。小えんと共に旅に出ようとしたが、彼を邪魔する帯刀、大五郎は果し状をつきつけた。が、菩提寺ケ原の決闘は朱鞘一閃、大吉の勝利に帰し、大吉は小えんと新天地を求めて旅に向った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。