日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

沖縄の民
オキナワノタミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年11月20日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

沖縄攻防戦を背景に、戦争という異常心理状態下における個々の人間像をセミ・ドキュメンタリーに描く。石野径一郎の原作から「逆光線」の古川卓巳が脚色、監督する。撮影は「肉体の密輸」の間宮義雄。主な出演者は、「雑居家族」以来の左幸子、「隣の嫁」の長門裕之、「感傷夫人」の安井昌二、「泣け、日本国民 最後の戦闘機」の高友子、「青い怒濤」の桂典子、「女優(1956)」の信欣三、その他織田政雄、金子信雄、安部徹、二本柳寛、坪内美詠子など。

スタッフ

製作
児井英生
原作
石野径一郎
脚色
古川卓巳
監督
古川卓巳
撮影
間宮義雄
音楽
佐藤勝
美術
松山崇
照明
森年男
録音
米津次男

ストーリー

昭和十九年、サイパン島が陥落、次の戦場沖縄に本州から兵隊が続々送りこまれてきた。一方沖縄決戦を前に内地向け集団児童疎開の声が高まり沖縄市白石国民学校の佐敷真知子先生は児童の父兄を説得、第一回疎開船ツシマ丸を那覇の埠頭に送った。彼女も同船する筈だったが予定が変り愛情を寄せる豊平先生と十三人の教え子を涙のうちに送ったのだ。しかしツシマ丸は敵の魚雷攻撃で沈没。報せを聞いた父兄の怒りは大浦校長と真知子に向けられ校長は自殺した。昭和二十年四月一日、米軍は沖縄に上陸。五月には戦況が悪化、学生隊も戦列に加わった。鉄血勤皇隊の光一も、その一人だが学友を失い応援部隊も着かず、口惜しさに震えるばかりだった。その頃、北部の避難民は飢餓に苦しんでいた。教え子を連れて避難してきた真知子も敵陣近くまで危険を冒し甘藷掘りに行った。六月、南部戦線も悪化、下旬には沖縄戦の勝敗は決った。司令官は自害、今後は参謀部を中心に地下工作に入ることになった。学生隊も解散、野村校長は重傷を負い、「沖縄再建を頼む」の言葉を残して死んだ。南部戦線も終った。米軍は避難民の投降勧告を始めた。疲れ果てた住民と学生は沖縄再建を期し戦列を離れた。収容所に入った光一は野村校長の言葉を胸に命がけで降伏説得に努めた。七月沖縄戦は三十万の犠牲を払って終了した。続いて終戦。十一月下旬には沖縄向け引揚船が那覇に着いた。出迎えの真知子は引揚者の中に豊平先生を見出し、ツシマ丸事件で教え子の殆どが犠牲になったと聞かされ愕然とした。真知子はこの犠牲を無駄にせぬため自ら沖縄再建へ平和の戦士となることを固く心に誓った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。